ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織一覧 > 中央窓口センター > 住民票コードの変更請求について

本文

住民票コードの変更請求について

住民票コードは、本人または法定代理人の請求により変更することができます。
ただし、番号を指定することはできません。

請求ができる方

本人または法定代理人(親権者、成年後見人等)

窓口

中央窓口センター(高知市役所丸ノ内仮庁舎1階)または地域の窓口センター※で請求できます。
※(塚ノ原、三里、高須、一宮、朝倉、瀬戸、鏡、土佐山、春野)

受付時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時15分まで (ただし、中央・三里・鏡・土佐山・春野を除く各窓口センターは午前10時から午後6時45分までとなります。)
※土曜日、日曜日、祝日、振替休日、国民の休日、年末年始(12月29日から1月3日)、設置店舗の休業日は請求できません。

請求時に必要なもの

  • 現在の住民票コード※
  • 法律や法令に基づいて発行された本人確認の出来る書類(パスポート・運転免許証・在留カード・特別永住者証明書・健康保険証など)
  • 法定代理人が請求する場合は、法定代理人であることを証明する書類(戸籍謄本等。ただし、本籍地が高知市の場合は不要です。)
  • 印鑑
※現在の住民票コードについて
住民基本台帳カードをお持ちの方で、暗証番号の照合により住民基本台帳カードから住民票コードの読み出しができた場合は、不要です。

郵送請求の場合

以下のものをお送りください。
  • 申請書[PDFファイル/13KB]
  • 法律や法令に基づいて発行された本人確認のできる書類のコピー(パスポート・運転免許証・在留カード・特別永住者証明書・健康保険証等)
  • 法定代理人が請求する場合は、法定代理人の本人確認の出来る書類のコピー(パスポート・運転免許証・在留カード・特別永住者証明書・健康保険証等)及び法定代理人であることを証明する書類(戸籍謄本等。ただし、本籍地が高知市の場合は不要です。)

注意事項

住民基本台帳カードをお持ちの方が住民票コードを変更した場合、住民基本台帳カードは失効しますので、返納ください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)