ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織一覧 > 建築指導課 > 全体計画認定(建築基準法第86条の8)

本文

全体計画認定(建築基準法第86条の8)

全体計画認定とは

 全体計画認定とは,既存不適格建築物を複数の工事に分けて段階的に改正後の建築基準法に適合させていく計画について,特定行政庁(高知市)が認定を行うものです。

 ※既存不適格建築物
 建築したときは建築基準法に適合していたものの,その後の法改正等により建築基準法に適合しなくなった建築物のことをいいます。既存不適格建築物には改正後の法律は適用されませんが,増築等を行う場合には,原則,建築物全体が改正後の建築基準法に適合しなければなりません。

全体計画認定の取り扱いについて

手数料

 1件 27,000円(高知市収入証紙)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)