ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織一覧 > 中央窓口センター > 印鑑登録の廃止・変更手続き

本文

印鑑登録の廃止・変更手続き

登録した印鑑や印鑑登録証(カード) を紛失した場合、登録した印鑑を変更したい場合は、印鑑登録の廃止または証亡失の届出をお願いします。

注意事項

登録した印鑑や印鑑登録証(カード)を紛失した場合、または盗難にあった等により緊急を要する場合は、印鑑登録証明書の発行を一時的に停止することができます。中央窓口センターまたは地域の窓口センターまでご連絡ください。
その後、1ヶ月経っても発見されない場合は、窓口にて廃止または証亡失の届出をお早めにお願いします。

届出方法

■ 登録している印鑑を紛失した場合

印鑑登録証(カード)・本人確認書類・認印をお持ちになり、廃止届をしてください。
※代理人が届け出る場合は、本人の印鑑登録証(カード)・本人の認印・代理人の認印・代理人の本人確認書類が必要です。

■ 登録している印鑑を変更する場合

印鑑登録証(カード)・新たに登録する印鑑・本人確認書類をお持ちになり、廃止届と再度印鑑登録申請をしてください。
※登録方法によっては、登録完了までに日数がかかります。詳しくは 本人による印鑑登録申請 をご覧ください。 

■ 印鑑登録証(カード)を紛失した場合

本人確認書類・認印をお持ちになり、証亡失届をしてください。登録を抹消します。必要な方は再度印鑑登録申請をしてください。
※証亡失届を代理人が届け出る場合は、代理権授与通知書が必要になりますので、中央窓口センターまたは地域の窓口センターまでお問い合わせをお願いします。

■ 印鑑登録証(カード)を汚損破損した場合

印鑑登録証(カード)と本人確認書類・認印・再交付手数料400円をお持ちになり、印鑑登録証再交付申請をしてください。
ただし、破損状態がひどく、登録番号が読み取れない場合は、本人確認書類・認印をお持ちになり、証亡失届をしてください。登録を抹消します。その後、必要な方は再度印鑑登録申請をしてください。
※証亡失届を代理人が届け出る場合は、代理権授与通知書が必要になりますので、中央窓口センターまたは地域の窓口センターまでお問い合わせをお願いします。

■ 印鑑登録が抹消されるとき

高知市外へ転出した場合や、死亡の場合は、印鑑登録が自動的に抹消されます。届出はいりません。
また、婚姻や離婚等で氏名変更があった場合に、登録している印鑑が変更後の氏名と違った場合は抹消されます。

届出窓口

中央窓口センター及び地域の窓口センターで届出ができます。
開所日・開所時間については、印鑑登録申請について をご覧ください。

関連情報

印鑑登録申請について
本人による印鑑登録申請
代理人による印鑑登録申請