ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織一覧 > 上下水道局下水道整備課 > 水の循環と下水道の役割

本文

水の循環と下水道の役割


  水は自然の仕組みによって、絶えず循環しています。太陽のエネルギーを受けて、海や川、湖の表面から蒸発して大気中の水蒸気となり、大気中で凝結して雨や雪となって地表に降ります。そして地表や地下を伝い海洋へ流れ出すなかで再び蒸発するという一連の循環をしています。
  私たちは、この大きな循環の中で水を利用し、生活していますが、この生活排水などが原因で、近年は魚が住めない、水の利用も困難な川が増えてきています。これは汚れが大きく自然界の力だけでは十分にきれいにできないためです。
 そのため、汚れた水は下水道などできれいにして自然界に返し、自然界のバランスを保つ必要があります。皆さんが健康で文化的な生活を営むために下水道は大切な施設で、大きく分けて汚水を処理する役割と、雨水を排除する役割があります。

江ノ口川の水質と下水道整備(水質観測地江ノ口川廿代橋)

江ノ口川の水質と下水道整備

※B O Dとは汚れの指標です。(数値が低いほど水はきれい)

                  

大気中の水の循環イメージ

   きれいな海と川

   汚水を集め処理するので、きれいな水辺が蘇ります。

   衛生的なまち

   家庭内の汚水を下水管に流すことで住宅のまわりの溝に蚊などが発生しなくなり、悪臭もなくなります。

   さわやかな生活

   便所の水洗化によって快適な生活ができます。

   浸水の防除

   大事な財産、生命まで奪う恐ろしい水害から私たちを守ります。

   下水道の新たな利用

   処理場空間を公園にしたり、下水汚泥を肥料にしたり、あるいは、処理水の再利用など様々な研究をしています。