ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織一覧 > 障がい福祉課 > 障害者手当について

本文

障害者手当について

 障害者の方を対象とした手当は、次のようなものがあります。

 特別障害者手当 ・ 障害児福祉手当 ・ 特別児童扶養手当 ・ 高知県重度心身障害児療育手当

 それぞれ支給条件や対象者、手当の額が異なりますので、ご注意ください。
 ※また、特別障害者手当・障害児福祉手当・特別児童扶養手当については、平成28年1月1日以降、マイナンバー法の施行に伴い申請時に個人番号の分かるものと本人確認書類の提出が必要となります。詳しくは障がい福祉課までお問い合わせください。

特別障害者手当

【対象者】

  20歳以上であって、身体または精神に、一人では何もすることができない程度の著しく重度の障害があるため、日常生活において常時特別の介護を必要とする方

【手当の額】

  月額 27,200円 (平成31年4月現在)

【支給時期】

 年4回払い(2月・5月・8月・11月)

■注意事項

 次のいずれかに該当する場合は、支給の制限があります 

  • 社会福祉施設等に入所している場合
  • 病院や診療所、老人保険施設等に継続して3ヶ月を超えて入院する場合
  • 受給資格者または配偶者もしくは扶養義務者の前年の所得が基準額を超えている場合 ※1月から6月までの間に認定を請求する場合は前々年の所得
  • 原爆被爆者の介護手当、公害被害補償法・予防接種法の手当を受給している場合

■詳しくは、障がい福祉課までご連絡ください Tel:088-823-9053(直通)  Fax:088-875-6684


障害児福祉手当

【対象者】

  20歳未満であって、身体または精神に、日常の生活に目立つ制限を受ける重度の障害がある方

【手当の額】

  月額 14,790円 (平成31年4月現在)

【支給時期】

  年4回払い(2月・5月・8月・11月)

■注意事項

 次のいずれかに該当する場合は、支給の制限があります

  • 児童福祉施設等に入所している場合
  • 障害を支給事由とする年金を受給している場合
  • 受給資格者または配偶者もしくは扶養義務者の前年の所得が基準額を超えている場合 ※1月から6月までの間に認定を請求する場合は前々年の所得
  • 公害被害補償法・予防接種法の手当を受給している場合

■詳しくは、障がい福祉課までご連絡ください Tel:088-823-9053(直通)  Fax:088-875-6684


特別児童扶養手当

【対象者】

  精神、知的または身体障害等(内部障害も含む)で政令に定める程度以上にある、20歳未満の児童を監護している父母または養育者に対して支給されます。

【手当の額】

   1級 月額 52,200円 (平成31年4月現在)

   2級 月額 34,770円 (平成31年4月現在)

【支給時期】

  年3回払い(4月・8月・11月)

■注意事項

 次のいずれかに該当する場合は,支給の制限があります 

  • 児童福祉施設等に入所している場合
  • 障害を支給事由とする年金を受給している場合
  • 受給資格者または配偶者もしくは扶養義務者の前年の所得が基準額を超えている場合 ※1月から6月までの間に認定を請求する場合は前々年の所得

■詳しくは、障がい福祉課までご連絡ください Tel:088-823-9053(直通)  Fax:088-875-6684


 ○高知県重度心身障害児療育手当

【対象者】

  障害児福祉手当を受けていない、18歳未満の重度心身障害児を監護する保護者に対して支給されます。

【手当の額】

  月額 7,300円

【支給時期】

  年3回払い(3月・7月・11月)

■注意事項

 次の場合は、支給の制限があります

  • 児童福祉施設等に入所している場合