ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織一覧 > 技術監理課 > 【お知らせ】再生資源利用(促進)計画書・実施書の様式変更について

本文

【お知らせ】再生資源利用(促進)計画書・実施書の様式変更について

再生資源利用(促進)計画書及び実施書の取扱いの変更について

 本市におきましては,建設資材の利用量及び建設副産物の発生量・搬出量の大小に関わらず,工事請負代金額が100万円(税込み)以上の工事については,再生資源利用(促進)計画書・実施書の提出を義務付けしておりますが,その作成方法につきましては,平成30年4月1日以降,建設副産物情報交換システム(COBRIS)及び国土交通省の建設リサイクル報告様式(エクセル様式)のいずれでも可能としておりましたが,令和4年4月1日以降は,原則として建設副産物情報交換システム(COBRIS)による作成方法に変更いたしますので,ご注意ください。

建設副産物情報交換システム(COBRIS)について

 適用日は,令和4年4月1日より適用することとしますが,令和4年3月31日以前に契約し,完成期日が令和4年4月1日以降となる工事の再生資源利用(促進)計画書及び実施書のうち,再生資源利用(促進)実施書につきましては,建設副産物情報交換システム(COBRIS)により作成し,提出していただきますようお願いします。
 
 なお,インターネット環境の確保が難しい等,これにより難い場合は,工事監督職員との協議をお願いします。

 ※建設副産物情報交換システム(COBRIS)を使用するには,(一財)日本建設情報総合センター 建設副産物情報センターへの利用申請が必要となります。