ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織一覧 > 母子保健課 > 健診を受けよう 乳児一般健康診査

本文

健診を受けよう 乳児一般健康診査

 

 乳児一般健康診査

受診方法

母子健康手帳交付時にお渡しした「妊婦・乳児一般健康診査受診票綴り」の巻末にある「乳児一般健康診査受診票」を利用して,1歳のお誕生日の前日まで公費で2回,乳児一般健康診査を受けることができます。

受診機関

高知県内の医療機関 (原則,小児科医による健診。受診前に,必ず電話予約をしてください)

※乳児の集団健診は実施していません。

対象
  • 高知市に住民票を有する乳児
  • 1か月児健診から1歳の誕生日の前日まで(※対象期間であれば,使用時期の決まりはありません。)
  • 受診票の使用時期の目安は,4か月児健診,7か月児健診です
内容
  • 身体計測,診察など
費用

無料(ただし,受診票に記載の項目以外は自己負担。保険分(2割負担)は助成なし。上限額あり。)

乳児健診の助成は2回までです。(3回目からは自費です。費用は医療機関にお問い合わせ下さい)

県外で乳児健診を受けたら


里帰り出産等のやむを得ない事情により,県外(国内)の医療機関で乳児一般健康診査を受診した場合,申請により,公費負担額を上限として助成を行います。

助成対象は,保険外(10割負担)の乳児健診費用です。(※新生児期の検査,投薬(ケイツーシロップ含む),医療費等は,健診の助成の対象外です。)産婦さんの1ヶ月健診には,助成はありません。助産所での乳児健診は,助成対象外です。

 

対象
  受診日に,高知市に乳児の住民票があること

  ※乳児一般健康診査は,1歳のお誕生日の前日まで使用できるため,特別な事情をのぞき,県内で受診してください。受診票の使用は,3から4ヶ月児健診,9から10ヶ月児健診の2回をお勧めしています。


申請に必要なもの
  1 申請書 乳児一般健康診査費助成金申請書 [PDFファイル/173KB]申請書の記入方法(乳児健診) [PDFファイル/24KB]
     ※申請者は保護者とする。  (※申請額は記入不要です。) 

  2 乳児一般健康診査受診票(本市発行の未使用のもの)
  3 領収書(原本)

    領収書の氏名が乳児になっていない場合は,医療機関で乳児健診の料金を記載してください。産婦健診として請求されている場合は,助成の対象外です。

  4 申請者名義の金融機関名・口座番号(※ゆうちょ銀行の場合は,他行振込用の支店名・口座番号が必要。)
  5 印鑑(認印で可。訂正には訂正印が必要です。事前に申請書へ記載している場合もお持ち下さい。)
  6 母子健康手帳(健診記録をコピーするため)

  ※県外での受診時には受診票の提出は不要です。領収書,未使用の受診票を必ず保管して下さい

  ※助成金の振込は,申請月の翌月の月末頃です。(例:4月に申請した場合は,5月末になります。)


申請期限
 健診を受けた日から1年以内。ただし,平成29年3月31日までに交付された受診票をお持ちの方は経過措置として申請期間が2年になります。


助成費の上限額
  
1回目・2回目ともに 6,588円 (30年度は1回目・2回目ともに6,480円)


申請先
  高知市 こども未来部 母子保健課

 

 

※転入された方へ

公費で乳児健診を2回以上受診されていない1歳未満の方は,転入前の市町村で交付された「母子健康手帳と受診券」をお持ちのうえ,母子保健課までお越しください。高知市の受診票と交換いたします。(母子健康手帳はそのまま使用できます。)

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)