ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織一覧 > 生活食品課 > ペットの災害対策

本文

ペットの災害対策

大切なペットを守るために災害時には同行避難を

災害が起こって避難しなければならなくなったとき、ペットをどうするか考えていますか。
東日本大震災や熊本地震などでも、行方不明になったペットの情報提供を呼びかける飼い主や、保護された動物たちが多く見られました。

災害が起こったときは、まずは飼い主自身や家族の安全確保が第一ですが、ペットの安全確保についても日ごろから備えておく必要があります。 

  • 室内で飼っている場合
    動物が普段いる場所は。地震のときに家具やケージが倒れたり落下しないようにしっかり固定しましょう。
    水槽などで飼っている場合は台に固定し、ガラス飛散防止フィルムを貼るようにしましょう。
    たんす
  • 屋外で飼っている場合
    飼育場所は、地震のときに破損しやすいブロック塀や、ガラス窓の下、倒れやすい建物のそばは避けましょう。
    災害時には動物が驚いて逃げ出すことがあります。首輪や鎖は外れたり切れたりしないか、ケージや囲いに隙間がないか、定期的に点検しましょう。

動物のための備蓄品の用意

十分な水や食料のほか、薬や特別な食事が必要であれば必ず備蓄し、避難所や避難ルートを確認しておくなど、いざというときに慌てないようにしましょう。飼っているペットに対する備えは基本的に飼い主の責任です。救援物資の到着までは時間がかかります。最低5日分は用意しましょう。

  1. 命や健康にかかわるもの
    ・療法食、薬
    ・5日分以上のフード、水
    ・搬送用のキャリーバッグ、ケージ
    ・予備の首輪、リード
    ・食器
    ・ガムテープ(ケージの補修などの用途に)など
  2. 飼い主や動物の情報
    ・飼い主の連絡先
    ・動物の写真
    ・ワクチン接種状況
    ・既往症・健康状態
    ・かかりつけの動物病院など
  3. ペット用品
    ・ペットシーツ
    ・排泄物の処理用具、トイレ用品
    ・タオル、ブラシ
    ・おもちゃ
    ・洗濯ネット(猫の場合)など

避難をするときは

避難の指示が出たときや、住居が危険になった場合は、必ずペットと同行避難してください。一緒に避難しないと、大切なペットと離れ離れになってしまいます。

避難

突然の災害でペットは興奮しています。リードをしっかり持つ、キャリーバッグやケージの扉が開かないようにするなどの注意をしながら、同行避難をしましょう。
キャリーバッグやケージに入って移動することや、その中で長時間過ごすことなどになれさせておくことも必要です。

犬キャリー   猫キャリー

避難所では

同行避難は「災害発生時に飼い主が飼育しているペットを同行し、避難所まで安全に避難すること」であり、避難所で人とペットが同一の空間で居住できることを意味するものではありません。ペットの受け入れ条件については避難所によって異なります。

高知市の避難所では、現在のところ、原則としてペットの室内への同伴は禁止しています。そのため、同行したペットは屋外もしくは人の避難スペースとは異なる場所での待機となります。

同行避難に抵抗を感じる方も多いと思います。しかし、東日本大震災発生時には多くのペットが取り残され、放浪や繁殖が大きな問題になりました。同行避難はこれらの教訓を受けて国によって作られた方針です。

避難所には、動物が苦手な方やアレルギーを持っている方などもいます。ルールを守って、他の避難者に迷惑をかけないようにしましょう。

    日ごろの準備が大切

    避難時はペットと離れたしまうことも考えられます。それに備えて所有者明示をすることは、飼い主だけがペットにできる愛情表現の一つです。

    飼い犬の場合は、首輪に鑑札や狂犬病予防注射済票を付けておくのはもちろんのことですが、その他ペットが迷子になり保護されたときに、すぐに身元が分かるよう「迷子札を付ける」「マイクロチップを入れる」などの対策をとっておきましょう。
       犬猫

    また、基本的なしつけ・健康管理をし、ペットを様々な環境に慣らしておくことも災害時の備えになります。ペットのストレスを軽減させ、飼い主自身や周囲の方々への安全・安心の確保のために、日ごろからペットの行動も考えた十分な準備をしておきましょう。

    一つ一つの命を尊重し、人と動物が幸せに共生できる社会にしていきましょう。