ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織一覧 > 地域保健課 > 肝炎ウイルス検査を受けましょう

本文

肝炎ウイルス検査を受けましょう

B型肝炎・C型肝炎ウイルス検査を受けましょう

厚生労働省健康局がん・疾病対策課 肝炎対策室より「肝炎ウイルス検査の受検、受診及び受療の促進について」事務連絡が発出されました。

肝炎とは?

肝臓は、人間の体内で最大の臓器。消化管から取り込んだ栄養を利用しやすい形に変えたり、毒物を分解したり、体内の物質のバランスを維持したりなど、生命を支えるために重要な多くのはたらきを担っています。この肝臓の細胞が壊れてしまった状態が、肝炎です。

肝炎には、原因により、ウイルス性(A 型、B 型、C 型、D 型、E 型など)、薬物性、アルコール性、自己免疫性などの種類があり、このうち、ウイルス性肝炎は、肝炎ウイルスに感染することによって起こります。

ウイルス性肝炎(臨床経過による分類)

 
1.急性肝炎

A型、B型、E型ウイルスによるものが多い。

急激に肝細胞が障害され、発熱、全身倦怠感、黄疸などの症状を起こす。

自然経過で治癒する例が多い。

2.急性肝不全 急性肝炎のうち8週以内に血液中の凝固因子の値が一定の値以下に低下したもの。
3.慢性肝炎

B型、C型肝炎ウイルスによるものが多い。

長期間にわたり肝障害が持続する。

徐々に肝臓が線維化し肝硬変に至ることもある。

 

肝炎は予防が可能な病気です。しかし・・・

肝炎を予防するためには、肝炎ウイルスに感染しないようにしなければなりません。わが国では肝炎の知識が国民に普及していない状況の下で、多くの肝炎ウイルスキャリアが、感染の自覚がないまま日々を過ごしていることが問題視されています。
肝がんの原因の約80%が肝炎ウイルスといわれています。肝臓は「沈黙の臓器」といわれ、もしもウイルスに感染していても、自覚症状がないまま病気が進行する恐れがあります。
そして、ウイルスに感染しているかどうかは検査を受けないとわかりません。


もし、肝炎ウイルスに感染していても、早期に適切な治療を行うことで、肝炎を治癒し、あるいは肝硬変や肝がんへの悪化を予防することが可能なのです。

肝炎ウイルスの検査は採血のみです。皆さんのためにも、周りの大切な方のためにも、必ず一度は検査を受け、適切な治療を行うことで,深刻な症状への進行を防ぐことができます。 

肝炎は、こんな病気です | 知って、肝炎 -厚生労働省 肝炎対策国民運動事業- (kanen.org) より抜粋

 

高知市では, 委託医療機関または高知市保健所で無料で肝炎ウイルス検査を実施しています。

C型肝炎は高い確率でウイルス排除が可能であり、B型肝炎もウイルス抑制が可能です。

今までに検査を受けたことがない方は, ぜひ検査を受けましょう。

 検査内容  

(1)対象者

高知市に住民票がある方で, 今までにB型・C型肝炎検査を受けたことがない方 

(2)検査費用

無料

(3)検査場所

委託医療機関(令和5年5月1日~12月31日まで)または高知市保健所

(4)検査方法

血液検査(約10cc)

B型・C型肝炎について - 高知市公式ホームページ (city.kochi.kochi.jp)

 

高知市保健所

(1)実施日程

肝炎日程表

(2)持っていくもの

健康保険証・運転免許証など「住所・氏名・生年月日」の分かるもの

(3)検査結果  

郵送(約1週間)

肝炎啓発リーフレット  [PDFファイル/1.05MB]

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)