ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織一覧 > 障がい福祉課 > 身体障害者手帳の交付

本文

身体障害者手帳の交付

  身体障害者手帳は、目、耳、口、手足などに一定以上の永続する障害のある方、または心臓、呼吸器、じん臓、ぼうこう、直腸、小腸、肝臓、免疫に一定以上の永続する障害のある方に対して、身体障害者福祉法に基づき、交付されるもので、その程度に応じて1級から6級までの区分があります。
 この手帳の交付を受けると、障害の程度に応じていろいろな福祉制度が適用されます。身体障害者手帳の交付を受けたい方は、指定された医師の診断を受け、決められた様式の診断書に必要事項を記入してもらったうえ、本人の写真2枚と認め印を持って申請にお越しください。写真の大きさは、横3センチ×縦4センチ、白黒・カラーどちらでも結構です。ただし、写真用紙でないもの・ポラロイド写真・不鮮明なもの等は受け付けできません。申請は本人(15歳未満の児童については保護者)以外の方でもできます。(※注)
 申請に必要な診断書等の提出書類は、市役所第2庁舎1階の障がい福祉課、高知市障害者福祉センター、高知市東部健康福祉センター、高知市南部健康福祉センター、高知市春野あじさい会館にありますのでご相談ください。

(注)マイナンバー法の施行に伴い、平成28年1月1日以降、身体障害者手帳の申請、住所・氏名変更、返還届の際にマイナンバー(個人番号)を記入していただく必要があります。

  その際には、個人番号の確認と本人確認が必要となりますので、申請等の際には以下のどちらかを必ずお持ちください。
          ・個人番号カード (写真入りのため、本人確認もこの1枚で可能)
         ・通知カード + 運転免許証など本人確認のできるもの
   
 申請等の際に必要なものは他にもありますが、状況により異なることもあるため、詳細は障がい福祉課(管理係)までお問い合わせください。