ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織一覧 > 障がい福祉課 > 療育手帳の交付

本文

療育手帳の交付

 療育手帳は、知的な面での発達に障害のある方に交付されるもので、これらの方々に対して一貫した指導や、相談を受けたり、いろいろな福祉助成を受けやすくするためのものです。
この手帳は、高知県療育福祉センターの判定に基づいて県知事が交付しますが、高知市にお住まいの方の受付は、高知市役所障がい福祉課で行っています。
本人の写真1枚と認め印を持って申請におこしください。写真の大きさはヨコ3cmタテ4cm、白黒・カラーどちらでも結構です。ただし、ポラロイド写真は受け付けできません。
療育手帳は障害の程度により、最重度のA1から軽度のB2まで4段階に分けられており、この手帳の交付を受けると交通機関の運賃割引所得税の減免など、障害の程度に応じたいろいろな福祉制度の適用が受けられます。なお、18歳未満の児童については、保護者に申請していただくことになります。
療育手帳の申請に必要な書類などは、市役所第二庁舎1階障がい福祉課にありますのでご相談ください。