ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織一覧 > 障がい福祉課 > 平成25年4月から難病等の方が障害福祉サービス等の対象となり、平成30年4月1日から対象となる疾病が359疾病に拡大されました。

本文

平成25年4月から難病等の方が障害福祉サービス等の対象となり、平成30年4月1日から対象となる疾病が359疾病に拡大されました。

1.障害者総合支援法

 平成25年4月に施行された障害者総合支援法では、障害児および障害者の範囲に難病等の方が加わり、対象となる方は、障害者手帳※1の所持の有無にかかわらず、必要と認められた障害福祉サービス等※2の受給が可能となりました。

※1 身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳

※2 障害福祉サービス、相談支援、補装具および地域生活支援事業(障害児については、障害児通所支援および障害児入所支援も含む)

 リーフレット(平成30年4月1日時点) [PDFファイル/1.26MB]

2.対象者

 障害者総合支援法の対象疾病に該当する方(上記リーフレット参照)

3.手続き

 対象疾病に罹患していることがわかる証明書[診断書または特定医療費(指定難病)受給者証等]を持って、障がい福祉課窓口にサービス等の利用を申請してください。
 その後、障害支援区分の認定や支給決定等の手続きを経て、必要と認められたサービス等を利用できます。

 詳しい手続き方法については、障がい福祉課までお問い合わせください。

 なお、障害福祉サービス等のうち、障害児入所支援の申請等窓口は高知県療育福祉センターとなります。

 高知県療育福祉センター  住所:〒780-8081 高知県高知市若草町10番5号

                   電話:088-844-0035(相談部)

4.その他

  平成27年1月1日から平成30年4月1日にかけて、「障害者総合支援法」の対象となる疾病が順次改変されていますので、概要等については、厚生労働省ホームページをご覧ください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)