ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織一覧 > 高齢者支援課 > 住宅改造助成事業

本文

住宅改造助成事業

 住宅改造助成制度は、日常生活に支障のある方のうち、介護認定で要支援あるいは要介護の判定を受けた方が、住み慣れた住宅で安心して健やかな生活を送れるように、自己の居住する住宅を改造する場合に、その費用を助成する制度です。

 なお、助成については限度額があり、必ず工事着工前に申請手続が必要となりますのでご注意ください。


対象工事上限額は45万円で、助成率は市町村民税非課税世帯は3分の2(限度額30万円)、同課税世帯は2分の1(同22万5千円)、生活保護等世帯は3分の3(同45万円)となっています。

 詳しくは、高齢者支援課 Tel:823-9441、または、お近くの地域高齢者支援センターもしくは出張所までお問い合わせください。

   住宅改造助成事業概要 [Wordファイル/46KB]