ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織一覧 > 地域防災推進課 > 自主防災組織の結成・変更について

本文

自主防災組織の結成・変更について

 自主防災組織とは、地域において住民が協力・連携して自主防災活動を行うために、学校区や町内会活動区域などを単位として、その地域住民で結成する組織です。

自主防災組織の結成まで

 自主防災組織結成までの過程は、地域ごとに様々で、特に決まりはありません。これまでに結成された自主防災組織からお聞きしたお話から、参考になる例をお伝えします。

1 防災について話をしてみましょう

 近所の方とばったり会ってお話をするとき、地域で会合があるときなど、ちょっと防災についてお話をしてみませんか。「週末は台風が来るがやってねえ。そういえば、もしも被害を受けたら、どこに避難すればええろうか。。。」「南海地震では津波が来るっていうけんど、うちらの家は大丈夫やろうか。。。」そんな普段の会話から、自主防災組織の活動がはじまります。

2 防災に関する知識を高めましょう

 地震、火災、大雨。。。災害をもたらす現象はいろいろとあります。そのときあなたの家は?近所は?町は?それぞれの現象についての知識を高めることは、災害時のイメージを高めることにつながります。家族や近所の方と一緒に、書籍やビデオなどを見てみましょう。
 ※ 地域防災推進課では、南海地震などの災害に関する啓発ビデオや書籍の貸し出しも 行っています。詳細については別途お問い合わせください。

3 勉強会の開催

 学校の保護者会やPTAの会合、町内会の会合などを実施する際、防災に関する知識を共有しあう場をつくってみましょう。啓発ビデオをみんなで一緒に鑑賞したり、地図を前に地域の特徴について話し合ったりすることがとても重要です。
 ※ 地域防災推進課では、開催する2か月くらい前までに、開催日時、場所、参加予定人数、内容などを電話や文章などで依頼していただければ、講師を派遣いたします。(日時によっては、ご要望にお応えできない場合もありますのでご了承ください。)

4 組織構成の検討

・役員の決定
 自主防災組織の活動の中では、様々な意思決定の機会が生じてきます。その時には、組織のリーダー格となる人々(役員)の存在が重要となってきます。自主防災組織結成時には、会長、副会長、会計、監査という4役が最低でも必要になりますので、まずはこれらの役割を行う方を決定して、以後の意思決定が円滑に行えるようにしましょう。

・活動範囲の決定
 自主防災活動を行う対象地域を役員で決定し、地図上で範囲を確認しましょう。これは、地域の防災面における課題を確認するためにも重要です。また、近隣で既に活動している自主防災組織があれば、お互いの活動範囲を確認し、連携を図るようにしましょう。

5 結成に向けた確認

 結成に向けて、地域のみなさんで会合等をもち、結成にあたっての確認をしましょう。ここで行うべきことは以下のとおりです。

・役割分担の決定お互いに助け合おう!!
 自主防災活動においては、発生する災害に対して迅速に行動できる組織力が必要となります。消火を行う消火班、情報を入手する情報班など、役割分担の確認をしましょう。
 ※ この時点で役割分担の決定が難しい場合には、結成後に行う訓練などを通して決定して頂いても問題ありません。役員から一方的に決めつけたりはせず、無理せずゆっくり決定していきましょう。

・規約の決定
 組織運営に関わる取り決めを、地域のみなさんと一緒に決定します。
 ※ 参考となるひな型はこのページの下の方で公開しています。

・自主防災組織の正式名称の決定
 組織の名称を皆さんの承認のもとで決めましょう。母体となる学校区や町内会の名称など、わかりやすい名称にしましょう。

6 市役所に書類の提出

 さあ、ここまでくればあとは書類を提出するのみです。
 結成に必要な書類は下記のとおりとなっています。記入方法等、ご不明な点がありましたら地域防災推進課までご連絡ください。

【提出必須書類】
 
結成にあたっては、下記の書類の提出が必要となりますのでご用意ください。

ア)自主防災組織等登録申請書 
  
自主防災組織の名称、活動対象地域、加入世帯数等、結成された防災組織の全体像についてお知らせいただくための書類です。
  自主防災組織等登録申請書(記入例・様式) [Wordファイル/51KB]
  自主防災組織等登録申請書(記入例・様式) [PDFファイル/126KB]

イ)加入世帯名簿 ※役員名簿を含む。 
  
ア)に記入された加入世帯数の内訳をご報告いただく書式です。ここで記載していただく加入世帯主のお名前やご住所は、地域防災推進課で厳重に管理いたしますが、世帯主様の強いご希望がある場合には、ご住所と世帯主の名字だけご報告頂ければ結構です。下に添付する表がその見本です。作成は手書きでももちろん結構です。
  加入世帯名簿 ※役員名簿含む [Excelファイル/41KB]

ウ)活動対象地域平面図 
  
届け出される自主防災組織が活動する予定の地域を平面図で示していただきます。住宅地図等詳細地図のコピーに、活動対象地域をマーカーなどで明示したものを作成しご提出ください。なお、既存の自主防災組織が活動している地域に、重複して自主防災組織を登録することはできませんのでご注意ください。

★平成22年6月1日より、上記のイ)、ウ)について、活動対象地域を複数に区分して運営する「班制」を採用する場合には、下記の書類に代えることができるようになりました。

エ)班長名簿 ※役員名簿を含む。 
  班長名簿(記入例・様式) ※役員名簿含む [Excelファイル/41KB]

オ)活動対象地域の平面図及び班の区分が分かる平面図 
  班区分平面図 作成例[PDFファイル/16KB]

★結成後、登録内容(代表者の変更、自主防災組織の名称、活動対象地域、加入世帯数など)に変更があった場合は、下記の書類をご提出ください。

カ)自主防災組織等登録事項変更届  
  自主防災組織等登録事項変更届[Wordファイル/86KB]
  自主防災組織等登録事項変更届 [PDFファイル/174KB]

【作成推奨書類】 
 下記の書類については、結成時に提出することを義務づけてはいませんが、より円滑に活動していただくために作成を推奨しているものです。ぜひ作成をご検討ください。

A)自主防災組織活動規約
  活動開始にあたり、活動内容や組織内容について、参加される方々と取り決めを行って頂いた内容をお示し頂くものです。下にその一例を添付いたしますので、これを地域の特徴に合わせて変更していただいたうえ、ご提出ください。
  自主防災組織規約見本[WORDファイル/35KB]

B)自主防災組織編成表
  
結成時の自主防災組織の組織編成をお知らせいただくものです。
  ※ 下に一例を示します。結成時にすべての役割をお決め頂くのが理想ですが、結成当初は役員(会長、副会長、会計、監査)のみ届け出していただければ結構です。その他の役割については、その後の活動の中で十分に話し合っていただいた上、 決定していきましょう。
  自主防災組織編成表見本[EXCELファイル/25KB]
  自主防災組織編成表見本 [PDFファイル/77KB]

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)