ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 民権・文化財課 > 文化財情報 史跡 赤鬼山

文化財情報 史跡 赤鬼山

2008年12月23日

指定

高知県指定 史跡 指定年月日 昭和25年 2月 7日

名称

赤鬼山

所在地・所有者

高知市朝倉

写真

赤鬼山の画像
赤鬼山

解説

 JR朝倉駅から西北方約1km余にある。山の高さは約100mであって、きわめてかっこうのよい姿をしている。南からあるいは東から遠望してとくにその感じが強い。往昔日本人は山そのものを神として崇め祭ったといわれるが、赤鬼山もその通りであって、朝倉神社の御神体である。赤鬼山の南麓近くには高知県三大古墳の1つ朝倉古墳もあり、また朝倉神社は「土佐国風土記」(風土記逸文)に見える古い神社である。赤鬼山を中心に悠久の昔有力な氏族が成長したことと思われる。