ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 観光情報 > 吉田東洋殉難の地

本文

吉田東洋殉難の地

吉田東洋は、文化13年(1816)生まれ、長宗我部の名将吉田正重より出ているといわれる。学才に優れ、郡奉行・船奉行を経て十五代藩主山内容堂に抜擢され、参政の職についた。

長浜に鶴田塾(小林塾)を開いて、後藤象二郎・板垣退助・岩崎弥太郎・福岡孝弟らを教えた。文久2年(1862)4月、外出先から帰宅する途中で土佐勤王党の党員の手にかかり、暗殺された。

実際の暗殺場所は、当地からやや南寄りの場所であったといわれている。

<所在地>

高知市追手筋2丁目1-12

<交通アクセス>

はりまや橋から徒歩約5分

地図 (ピンクのピンマークの箇所)


より大きな地図で 武市瑞山ゆかりの地マップ を表示

いちおしコンテンツ

   土佐っ歩

   kochi city travel guide

   高知よさこい情報交流館

   フォトコンテスト

お出かけ前に

   今日と明日のお天気は by気象庁

観光ツール

   写真提供

   観光パンフレット

こちらもみてね観光リンク

   高知市観光協会

   よさこいネット

   リョーマの休日 自然&体験

   全国龍馬社中

   チームラボ高知城光の祭