ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織一覧 > 民権・文化財課 > 文化財情報 有形文化財 達磨大師掛軸一対

本文

文化財情報 有形文化財 達磨大師掛軸一対

指定

高知市指定 有形文化財 指定年月日 平成 14年 10月 1日

名称

達磨大師掛軸一対

所在地・所有者

高知市春野町仁ノ

写真


達磨大師掛軸一対

解説

 仁ノ地区の西山寺で保管されていた三幅一対の掛軸です。水墨画で、藘雁(ろがん)図(アシにカリ)二幅と達磨(だるま)図一幅で構成されています。その落款(らっかん)から作者が正茂(せいも)で、しかも文禄元(1592)年ごろの作品ということがわかっています。正茂に関しては不明な点が多いのですが、『日本書畫骨董大辞典』によると、雪舟(せっしゅう)の筆を学んで秀逸な絵画を描くこともあったといいます。

 作品のできばえもよく、安土桃山時代の美術的価値をもった仏画といえます。