ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

所長挨拶

所長挨拶

   日ごろは高知市教育研究所の業務にご理解とご協力をいただきまして,心から感謝申し上げます。教育研究所は,昭和29年に高知市教育委員会教育課内に設置されて以来,本市教育充実のため,学校や研究団体とともに調査・研究の充実に努めており,本年で64年目を迎えております。設立当時から続いております研究員制度では,本年度は15名の研究員が,教育相談,授業研究,道徳教育,情報教育,人権教育,特別支援教育,学校事務等の時代に即した教育課題に,個人やグループで取り組みます。また,研究協力校8校においては教育課程,特別支援教育,生徒指導・教育相談,小規模校教育,教育方法,人権教育等のテーマのもと,それぞれの学校で研究を進めており,5校が研究発表を行う予定です。

   本年度も次の3班がそれぞれの特色を生かしつつ,力を合わせ,学校とともに教育課題の解決に向けて協働的に取り組んでまいります。今後とも,教育研究所へのご理解とご支援をよろしくお願いいたします。

○ 教育相談班

   不登校の児童生徒の自立に向けた支援や相談,教育支援センター(小学部・中学部・卒業生支援)の運営,帰国・外国人児童生徒への日本語指導等の支援などを行っています。
 また,教育支援センターの機能強化に向けて,アウトリーチ型スクールカウンセラーを配置しました。
 さらに,各学校にスクールソーシャルワーカーを派遣し,児童生徒と学校及び関係諸機関を結ぶネットワークの構築を図り,サポート体制を整備しています。

○ 特別支援教育班

   児童生徒の就学相談や特別な教育的支援に係る教育相談,言語障害及びLD・ADHD通級指導教室の運営,特別支援学校や特別支援学級の発展・充実等の支援を行っています。
   また,特別支援教育の充実を図るために,各学校の特別支援学級(知的障害特別支援学級と自閉症・情緒障害特別支援学級)を訪問し,担任の教育活動を支援するために,特別支援教育スーパーバイザーを派遣する,「特別支援学級サポート事業」をスタートさせました。

○ 教職員研修班

   「夢・希望・志をもって社会を生き抜く児童生徒の育成」をめざして,「教職員のキャリアに応じた人づくり」「組織として機能する学校づくり」「校内研修の活性化」を柱とし,「若年教員の資質・指導力の向上」と「若年教員が育つ校内体制づくり」を重点目標に,高知市立学校教職員研修を実施しています。
   また,情報教育の発展・充実を図るとともに,教育情報化推進支援補助員を派遣し,各校のICT機器を効果的に活用した授業づくりの推進を図っています。

  平成30年4月

 高知市教育研究所長  

近森 夏彦