ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織一覧 > 消防局予防課 > 防火対象物に係る表示制度の表示マーク掲出対象物(追加)について

本文

防火対象物に係る表示制度の表示マーク掲出対象物(追加)について

防火対象物に係る表示制度について

キャラクター表示マーク

防火対象物に係る表示制度とは

  平成24年5月に広島県福山市で発生したホテル火災(死者7名,負傷者3名)を受けて,ホテル・旅館等の火災被害防止体制の確立を促すため,平成15年に廃止した『防火基準適合表示制度』の仕組みを再構築し,平成26年4月から『防火対象物に係る表示制度』が始まっています。平成26年4月1日から受付を開始しており,8月1日からは建物への掲出が開始されました。

 この制度は,消防法令や建築基準法令に定められた防火・防災上の一定の基準に適合している一定規模以上のホテル・旅館等であれば,消防機関が交付する『表示マーク』を掲出できるものです。また,それらの施設の情報を広く提供することで,防火上安全なホテル・旅館を選ぶ目安となること,また,事業所による自発的な防火体制が確立されることを目的としています。                                                       

表示制度対象防火対象物

 1 ホテル・旅館等で地階を除く階数が3階以上

 2 収容人員が30名以上(防火管理者の選任が必要なもの)

※上記に該当しないホテル・旅館等については,表示マークは交付されませんが,「表示制度対象外施設申請書」の提出がされた場合,消防機関から通知書の交付を受けています。

表示マークの種類について   

銀表示マーク      表示マーク  銀  消防機関による審査の結果,表示基準に適合していると認められる場合(有効期間1年間)

   

金表示マーク      表示マーク  金  3年間継続して表示基準に適合していると認められる場合(有効期間3年間)       

 

 表示マーク掲出対象物について

 現在の表示マーク掲出対象物は次のとおりです。

  表示マーク掲出対象物一覧表(令和元年5月1日更新) [PDFファイル/54KB]

  申請交付の流れリーフレット [PDFファイル]

  

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)