ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織一覧 > 建築指導課 > がけや急傾斜地付近での建築制限

本文

がけや急傾斜地付近での建築制限

 がけ,急傾斜地,土砂災害のおそれのある区域での建築には,建築基準法で一定の制限がかかります。

がけ・急傾斜地・土砂災害のおそれのある区域の制限

区域 制限 関係法令

災害危険区域
(指定なし)

・住居の用に供する建築物の禁止
(安全上支障がない場合を除く)

・建築基準法第39条

・高知県建築基準法施行条例第3,4条

高さ3mを超えるがけ付近※

・安全な擁壁の設置(以下の場合を除く)

(1)がけの形状又は土質により安全上支障がない

(2)がけの上に建築する場合,基礎等がかけの安全性に影響を及ぼさない

(3)がけの下に建築する場合,主要構造部(被害を受けるおそれのない部分を除く)が鉄筋コンクリート造等

・建築基準法第40条

・高知県建築基準法施行条例第5条(がけ条例)

土砂災害特別警戒区域
(レッドゾーン)

・土砂災害の衝撃に耐えられる構造
(土砂等の高さ以上の高さで衝撃に耐えられる門,塀を設置する場合を除く)

・建築物を建築する場合は建築確認が必要

・建築基準法施行令第80条の3

・土砂災害防止法第第9条,25条

 ※がけ付近の範囲

  • 勾配が30度を超える傾斜地
  • がけの上端(がけの上に建築する場合にあっては,がけの下端)からの水平距離ががけの高さの2倍以内

 

がけ付近の範囲

 

土砂災害特別警戒区域

 土砂災害特別警戒区域の範囲は,高知県防災砂防課のホームページで確認してください。

  高知県防災砂防課