ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織一覧 > 子育て給付課 > 未熟児養育医療

本文

未熟児養育医療

未熟児養育医療について

【目的】

未熟児は正常な新生児と比べて疾病にもかかりやすく,その死亡率が非常に高いばかりでなく心身に障害を残すことも多いので,生後速やかに適切な処置をする必要があります。そこで,指定養育医療機関にて必要な給付を行う制度で,母子保健法に定められています。
申請後,審査を行い承認された場合,養育医療券を発行いたしますので指定養育医療機関に提示してください。

【対象】

  1. 高知市に住民票があり,指定養育医療機関で入院治療している下記の赤ちゃん(1歳未満)
    • 体重が2,000g 以下で生まれた赤ちゃん
    • 体重が2,000g より多くても特に生活力が弱い赤ちゃん(※審査があります。)
  2. 指定養育医療医療機関での入院治療のみ対象となります ⇒ 指定養育医療機関はこちら

【申請に必要な書類】 

  1. 養育医療給付申請書  (申請者が記入)
  2. 養育医療意見書     (指定養育医療機関の医師が記入)
  3. 世帯調書          (申請者が記入)
  4. 申出書           (「1. 養育医療給付申請書」の申請者が記入)
  5. 所得税額確認書類    (世帯調書に記されている全員分が必要です) ※2参照 
  6. 健康保険証のコピー   お子さまの名前が入った健康保険証のコピー(被保険者証の記号番号等の確認に必要です)
  7. 個人番号(マイナンバー)確認書類
  8. 申請者の身元確認書類
  9. 申請者の認め印

  ※1  源泉徴収票,確定申告書などの所得税額が確認できる書類(コピー可)の提出が必要です。高知市外で所得課税が決定されている方は,所得課税証明書をあわせて提出してください。

申請に必要な書類はこちら

本事業は原則出生後2週間以内に申請をお願いします。健康保険証ができていない場合は後日の提出でも結構です。(健康保険証のコピー以外の書類をご提出ください。)

【注意事項】

  1. 未熟児養育医療は国の制度で,所得税額及び市民税額の有無に応じて自己負担額が決められています。高知市では,この自己負担額を子ども医療で負担いたします。このため,保護者の方に保険診療(オムツ代等医療保険対象外は除く)に伴う入院費用にかかる一部自己負担額が請求されることはありませんが,自己負担額決定のために所得税額等の確認が必要となります。
  2. 養育医療の給付は,原則的に未熟児の治療に限りますが,未熟児であることに起因する疾病または未熟児の治療に支障をきたす疾病を併発している場合はその疾病の治療も対象となります。また,食事療養費(標準負担額)も養育医療の対象となります。ただし,保険適用でないオムツ代等の費用は養育医療の対象外となりますので,あらかじめご了承ください。

【高知県内の指定養育医療機関一覧】

国立病院機構高知病院

高知赤十字病院

高知医療センター

高知大学医学部附属病院

JA高知病院

高知県立あき総合病院

高知県立幡多けんみん病院

 県外の指定医療機関(各医療機関または子育て給付課にお問い合わせください)

申請に必要な書類はこちら

未熟児養育医療のトップページに戻る

申請書類のダウンロード

未熟児養育医療

(書類名をクリックするとファイルが開きます)

     養育医療申請案内 [PDFファイル/625KB]

  1. 養育医療給付申請書 [PDFファイル/121KB]
  2. 【記入例】養育医療給付申請書 [PDFファイル/107KB]
  3. 養育医療意見書 [PDFファイル/72KB]
  4. 世帯調書 [PDFファイル/182KB]
  5. 【記入例】世帯調書 [PDFファイル/196KB]
  6. 申出書 [PDFファイル/92KB]
  7. 【記入例】申出書 [PDFファイル/137KB]

※継続申請の方は養育医療券有効期間延長承認申請書 [PDFファイル/60KB]が必要になります。

未熟児養育医療のトップページに戻る

他の制度について

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)