ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

高知市民憲章について

2017年2月1日

憲章文

澄みきった空 輝く太陽 広い海 緑の山々

 この美しい山河に、わたしたちの先人は、自由民権の思想を開花させました。それは近代日本のこころのふるさとでもあります。
 わたしたちは、いま、この貴重な先人の遺産のうえに、さらに豊かで明るい市民生活をきずきあげるため、みんなで手をとりあって前進します。
 ここに、わたしたち市民の自治と自律のさだめとして、この高知市民憲章を制定します。

高知市民憲章イメージキャラクター「けんしょうくん」のイラストです。 1.鏡川を清潔なまちのシンボルにしましょう。          

 1.世界をむすぶ高い文化と教養のまちにしましょう。

 1.たがいに親切にし、あたたかい社会をつくりましょう。

 1.健康で働き、豊かなまちにしましょう。

 1.交通ルールをまもり、事故のない安全なまちにしましょう。                                                                                             

市民憲章制定記念の石碑

昭和42年、まちづくりの基本的な規律や目標を定め、互いに協力し努力をしていこうという、市民憲章運動が当時の社団法人高知青年会議所(現在の公益社団法人高知青年会議所)を中心に提唱されました。

この運動は、市民の共感と賛同を呼び、昭和44年4月1日、全国で7番目に高知市民憲章は制定されました。高知市鏡川のみどりの広場に制定記念の石碑があります。憲章文が刻まれたこの石碑は、当時の社団法人高知青年会議所が、高知市民憲章の制定と高知市民憲章推進協議会の発足を記念して建立したものです。

高知市民憲章制定以来、高知市民憲章推進協議会では、市民、企業、各種団体等の支援や協力を得て、さまざまな事業を行っています。

賛助会員の募集 

 高知市民憲章では、町内会、自治会や企業など、多くの団体や市民の皆さんからいただいた貴重な賛助会費により事業を行っております。市民憲章運動の主旨にご賛同いただける賛助会員は随時募集しておりますので、ご協力いただけます場合は、地域コミュニティ推進課までご連絡ください。振込手数料が無料となります振込用紙をお送りいたします。なお、誠に勝手ながら賛助会費は3,000円以上をお願い申し上げております。

* 市民憲章推進協議会への賛助会費は税務上の優遇措置の対象とはなりませんのでご了承ください。