ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織一覧 > 新エネルギー・環境政策課 > 鏡川流域関係人口創出事業(鏡川流域パートナーシップ)の紹介

本文

鏡川流域関係人口創出事業(鏡川流域パートナーシップ)の紹介

鏡川流域関係人口創出事業(鏡川流域パートナーシップ)とは

鏡川流域パートナーシップロゴ
 鏡川は流域の豊かな自然環境を育み、古くから市民の飲み水であるなど、暮らしに欠かすことのできない存在です。この鏡川流域の美しい景観や自然環境を保全するためには、流域の自然への人の適切な関わりが必要です。
 そのため、鏡川流域の自然と人、人と人をつなぐ「鏡川流域関係人口」を創出し、鏡川流域の自然への人の関わりを促進する「鏡川流域関係人口創出事業(鏡川流域パートナーシップ)」を実施します。

鏡川流域関係人口講座

 鏡川流域への関わり方を考えるための「鏡川流域関係人口創出講座」を開催します。流域内の人を対象とした講座と流域外の人を対象とした講座の2つの講座で、それぞれ受講生や講師たちが一緒になり、関わり方のアイデアを深めていきます。

電子地域ポイントシステム「まちのコイン」(「ぼっちり」)

 鏡川流域関係人口講座受講生の企画を促進したり、誰もが流域に気軽に関わるきっかけを作るためのツールとして、電子地域ポイントシステム「まちのコイン」の運用を開始しました。
 高知市版「まちのコイン」のコイン名称は「ぼっちり」です。鏡川がつなぐ山、川、海、人のたくさんの「ちょうどいい」関わりを未来へとつないでいきたいという意味が込められています。
 「まちのコイン」はどなたでも簡単に使えるスマホアプリです。「まちのコイン」の活用により、鏡川流域での誰かの役に立つことや環境に良いこと、楽しいことを体験できます。