ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織一覧 > 市民税課 > 市県民税の申告

本文

市県民税の申告

申告の必要な方・必要でない方

 申告の必要な方は,その年の1月1日現在に高知市に住所が有り,前年中に所得のあった方です。

  • 確定申告書を提出された方は,市県民税の申告もしたことになります。
  • 保険医療課への申告は国民健康保険料を算出するための「簡易申告」ですので,市県民税の申告をしたことにはなりません。
  • 所得税を納める必要のある方や所得税の還付をうける方は,税務署で確定申告をしてください。

1.営業所得,農業所得,不動産所得などの方

申告が必要ですが,確定申告をした方は,市県民税の申告は必要ありません。

2.給与所得者の方

給与所得者は,通常申告する必要はありませんが,次に該当する方は申告が必要です。

  • 勤務先から給与支払報告書が提出されていない方。日雇,アルバイトなどの方。
  • 給与所得の他に,農業所得,不動産所得,雑所得,一時所得などがある方。
  • 年末調整がされていないため,社会保険料控除,扶養控除,医療費控除などを申告される方。

※給与以外の所得が20万円以下の場合は,税務署への確定申告は必要ありませんが,市県民税への申告は必要です。

3.公的年金等所得者の方

公的年金等所得者は,通常申告する必要はありませんが,次に該当する方は申告が必要です。

  • 公的年金等所得の他に,農業所得,不動産所得,雑所得,一時所得などがある方。
  • 市県民税が課税となる方は,社会保険料控除,扶養控除,医療費控除などを申告することができます。

4.前年中に所得がなかった方

前年中に所得がなかった方は,申告の必要はありませんが,つぎの方は申告が必要です。

  • 児童手当・児童扶養手当,乳児医療の認定を受ける方
  • 市営住宅や県営住宅へ入居している方,または入居される方
  • 就学前のお子さんが保育施設等を利用している方
  • 所得証明の必要な方 [控除対象配偶者及び被扶養者については,申告をしなくても所得証明書の発行ができるようになりました。(控除対象配偶者及び扶養親族の所得証明(PDFファイル 7.5KB) )

 

申告のとき必要なもの

  • 印鑑
    認め印でかまいません。
  • 営業,農業,不動産所得のある方
    収入と経費のわかる帳簿
  • 給与所得のある方
    源泉徴収票または給与支払い証明書
  • 公的年金等収入のある方
    源泉徴収票
  • 個人年金や生命保険の満期が有る場合
    その証明書
  • 前年中に支払った次のもの
    a.生命保険,地震保険の控除証明書
    b.小規模企業共済等掛金,国民健康保険料の領収書,国民年金保険料の控除証明書
  • 医療費控除を受ける場合
    前年中に支払った医療費の領収書と医療費が保険で補てんされた場合はその金額のわかるもの
  • 障害者控除を受ける場合
    障害者手帳や療育手帳など
  • 風水害,火災,盗難などの災害で資産に損害を受け,雑損控除を受ける方
    市民税課までご相談ください

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)