ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 結核・感染症 > 新型コロナウイルス感染症の関連情報 > 新型コロナウイルス感染症に関する人権への配慮について

本文

新型コロナウイルス感染症に関する人権への配慮について

新型コロナウイルス感染症に関する人権への配慮について

新型コロナウイルス感染症に感染された方が相次いで確認される中,インターネット上のサイトやSNS等で,感染症や関係者に対する誹謗中傷や心無い書込み等がみられます。

新型コロナウイルスに限らず感染症に関した,不当な差別,偏見,いじめ等は決して許されるものではありません。

また,そうした差別や偏見等が拡がることは,新型コロナウイルス感染症に対する人々の不安を煽り,感染拡大防止の妨げにもなります。

市民の皆様には,不確かな情報に惑わされたり,必要以上に恐れたりすることなく,一人一人がお互いを思いやり,冷静に行動していただきますよう,お願いいたします。

インターネット上で人権を侵害されたときは

インターネット上の掲示板等でプライバシーの侵害や差別的な書き込みなどの人権侵害の被害に遭われた方は,プロバイダ(インターネット接続業者)や,サーバ(ウェブサイト公開やメール等のサービスを提供するコンピュータ)の管理・運営者などに対し,発信者の情報の開示を請求したり,人権侵害情報の削除を依頼したりすることができます。

法務局では,プロバイダ等への人権侵害情報の削除依頼の方法や,発信者情報の開示請求についての助言等を行っています。
また,ご自身で削除依頼をすることが困難な場合や,削除依頼を行ってもプロバイダ等がこれに応じない場合は,法務局が当該書込みの違法性の有無などを判断した上で,プロバイダ等へ削除を要請しますので,ご相談ください。

新型コロナウイルスに関連する人権相談はこちらへ

人権同和・男女共同参画課 人権同和啓発担当
高知市本町5丁目1-45 本庁舎3階305窓口
TEL 088-823-9449
FAX 088-823-9351