ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 観光情報 > 板垣退助銅像

観光スポット グルメ 祭り・イベント 偉人・歴史 自然


本文

板垣退助銅像

初代は大正12(1923)年12月5日除幕。製作は坂本龍馬の銅像も作った、高知県宿毛市出身の本山白雲、総工費15,646円99銭。銅像の高さは2,46m。

銅像本体は戦時中、金属回収のため供出されることになり、昭和18(1943)年9月2日に壮行式が行われた。現在の銅像は、昭和31(1956)年5月11日に再建除幕されたもの。製作は夜須町出身の浜口青果、題字は当時の内閣総理大臣吉田茂の書。銅像の高さは2,20m、台座4,205m、全高6,405m。

板垣退助銅像の写真 

<所在地>

高知市丸ノ内1丁目2(高知公園内)

<交通アクセス>

はりまや橋から路面電車「いの・朝倉」方面行き乗車、「高知城前」下車後、電停北へ徒歩約5分

地図


いちおしコンテンツ

   土佐っ歩

   kochi city travel guide

   高知よさこい情報交流館

   ふるさと納税リンクバナー

お出かけ前に

   今日と明日のお天気は by気象庁

観光ツール

   写真提供

   観光パンフレット

こちらもみてね観光リンク

   高知市観光協会

   よさこいネット

   リョーマの休日リンクバナー

   旅の情報サイト 高知のバリアフリー観光

   全国龍馬社中