ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 観光情報 > 一領具足供養の碑

観光スポット グルメ 祭り・イベント 偉人・歴史 自然


本文

一領具足供養の碑

元親が安芸国虎攻めにあたり、兵力増強に思いついたのが「一領具足」である。一領具足とは屯田兵のことである。平素は田を耕し、城から動員の貝が聞こえわたってくると、クワ・スキを放り出し、その場から出陣していく。具足は一領、馬は替馬なしの一頭で戦場を走り回るため、「一領具足」という呼称ができた。

慶長5年(1600年)関ヶ原の合戦で破れた長宗我部氏は、土佐を取り上げられ、その後山内一豊が入国した。浦戸城明け渡しを拒んだ旧臣の一領具足たちは、重役家臣団と対立して戦い、このとき討ち取られた273人の首は大阪に送られ、胴体は石丸塚として一領具足供養の地に葬られた。この戦いを浦戸一揆という。

 

一領具足 

<交通アクセス>

南はりまや橋から高知県交通「桂浜」行き乗車、「地蔵前」下車後、徒歩約3分

地図


いちおしコンテンツ

   土佐っ歩

   kochi city travel guide

   高知よさこい情報交流館

お出かけ前に

   今日と明日のお天気は by気象庁

観光ツール

   写真提供

   観光パンフレット

こちらもみてね観光リンク

   高知市観光協会

   よさこいネット

   リョーマの休日 自然&体験

   旅の情報サイト 高知のバリアフリー観光

   全国龍馬社中