ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織一覧 > 上下水道局企画財務課 > 【重要】上下水道局が発注する建設工事における社会保険等未加入対策要領の制定について

本文

【重要】上下水道局が発注する建設工事における社会保険等未加入対策要領の制定について

 別添のとおり「高知市上下水道局が発注する建設工事における社会保険等未加入対策要領」を定め,平成30年6月1日から施行することとしましたのでお知らせします。

 なお,同要領の制定に伴いまして,「工事請負契約書」及び「下請負人選定・施工通知書」も変更いたしました。平成30年6月1日以降に公告,指名通知及び見積依頼するものから適用します。

1 概  要

 平成29年6月1日以降の発注案件から,下請契約の請負代金の合計が4,000万円以上(建築一式工事の場合は6,000万円以上)の建設工事の受注者に対し,社会保険等(健康保険・厚生年金・雇用保険)の加入届出義務がありながら,届出をしていない建設業者(以下。「社会保険等未加入建設業者」という。)との一次下請を禁止しています。
 今回,実施から1年間が経過することを受けて,受注者が社会保険等未加入建設業者との一次下請契約を交わしたことが判明し,当該社会保険等未加入建設業者の未加入状況が是正されない場合は,以下の措置を実施します。

(1) 受注者(元請)に対し,制裁金を請求(契約書の改正)
(2) 受注者(元請)に対し,契約違反による指名停止措置
(3) 工事成績を減点

2 実施時期

 平成30年6月1日以降に,公告,指名通知及び見積依頼するものから適用

3 要 領 等

社会保険等未加入対策フロー  [PDFファイル/34KB]
工事請負契約書(建築)  [PDFファイル/254KB]
工事請負契約書(土木)  [PDFファイル/250KB]
下請負人選定・下請施工通知書  [Excelファイル/63KB]

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)