ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織一覧 > 環境保全課 > 浄化槽管理者の義務について(浄化槽保守点検業者・浄化槽清掃業者一覧)

本文

浄化槽管理者の義務について(浄化槽保守点検業者・浄化槽清掃業者一覧)

ご存知ですか?浄化槽3つの義務

 浄化槽は,適正な使用と維持管理が十分でないと本来の機能が発揮できないばかりか,水質悪化や悪臭などの原因となります。そこで,浄化槽には3つの義務があります。

(1)定期的に保守点検をしよう

 保守点検は、浄化槽の運転状況の確認,装置や機能の調整・修理,消毒剤の補充などを定期的に行うものです。点検には,専門的な知識と器具などを必要としますので,市に登録を受けた保守点検業者に委託することが一般的です。

浄化槽保守点検業者一覧 [PDFファイル/173KB]

(2)年1回の清掃をしよう

 浄化槽内には,「汚泥」や「スカム」といった泥の固まりが生じます。これらが溜まりすぎると,正常な機能は働きません。そこで,汚泥などを引き抜き,装置や機器類の洗浄を行う清掃が大切です。清掃は,年1回以上の実施が義務付けられていますので,清掃業許可業者に清掃を委託しましょう。

浄化槽清掃業者一覧 [PDFファイル/94KB]

(3)必ず法定検査を受けよう

 浄化槽が適正に設置・管理されているか、公的な機関による「法定検査」が義務付けられています。高知市では,知事が指定する一般財団法人高知県環境検査センターが唯一の検査機関になります。なお,法定検査には、設置後最初の検査とその後年1回の定期検査とがあります。


 一般財団法人 高知県環境検査センター 
 〒781-5106 高知市介良乙815-1
  電話088-860-2400

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)