ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織一覧 > 健康増進課 > 禁煙・分煙優良施設認定事業について

本文

禁煙・分煙優良施設認定事業について

「空気もおいしい!」認定施設募集中(禁煙・分煙優良施設認定)

県内で、受動喫煙防止対策として、禁煙もしくは分煙を実施している飲食店を募集・認定しています。

実施主体は「高知県」ですが、「高知市」も協力し、一緒に取り組みを行っています。

 詳しくはこちら

受動喫煙防止とは

受動喫煙とは、喫煙者の周りにいる人が、たばこの煙にさらされて、自分の意思に関係なく健康に影響を受けることです。副流煙には主流煙の何倍もの有害物質が含まれていて、その煙を吸わなくてはならない周囲の人々の健康への影響を考えなくてはなりません。平成15年5月に施行された健康増進法の第25条でも、受動喫煙防止について規定され、より徹底した対策が望まれています。

<健康増進法(第25条)と受動喫煙防止>

 健康増進法の第25条では、多数の者が利用する施設を管理する者に、受動喫煙を防止するために必要な措置を講ずる よう努めることを規定しています。

健康増進法(平成14年法律第103号) 第五章 第2節 受動喫煙の防止

  第25条 学校、体育館、病院、劇場、観覧場、集会場、展示場、百貨店、事務所、官公庁施設、飲食店その他の多数の者が利用する施設を管理する者は、これらを利用する者について、受動喫煙(室内又はこれに準ずる環境において、他人のたばこの煙を吸わされることをいう。)を防止するために必要な措置を講ずるように努めなければならない