ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織一覧 > 生活食品課 > 高知市食品衛生法施行条例の一部改正について

本文

高知市食品衛生法施行条例の一部改正について

 平成30年6月に食品衛生法等の一部を改正する法律(平成30年6月13日法律第46号。以下「改正法」という。)が公布され、改正法の施行に伴う関係政省令が令和元年11月及び12月に公布されました。

 改正法には、原則として、すべての食品等事業者に、HACCPに沿った衛生管理に取り組んでいただくことが盛り込まれています。

 これを受けて、令和2年3月に高知市食品衛生法施行条例(平成12年4月1日条例第29号。以下「条例」という。)の一部を改正しました。

1 改正の内容

 都道府県等が条例で定めることとされていた公衆衛生上講ずべき措置に関する基準(以下「管理運営基準」という。)が食品衛生法施行規則(昭和23年7月13日厚生省令第23号。以下「省令」という。)で規定されることとなったことから、「管理運営基準」を条例から削除しました。

 これにより、令和2年6月1日から、原則として、すべての食品等事業者は、HACCPに沿った衛生管理を実施することが求められますが、1年間の経過措置期間が設けられており、その間は、改正前の高知市食品衛生法施行条例「管理運営基準」に基づいて、衛生管理を行っていただくこととなります。

 なお、省令では、食品衛生責任者の名札の掲示を義務付ける規定がないため、条例で食品衛生責任者の名札の掲示を義務付けていますので、ご注意ください。

2 施行日

 令和2年6月1日

3 経過措置

 令和2年6月1日から、原則として、すべての食品等事業者は、HACCPに沿った衛生管理を実施することが求められますが、1年間の経過措置期間が設けられており、その間は、改正前の高知市食品衛生法施行条例「管理運営基準」に基づき、衛生管理を実施していただくこととなります。 

4 食品等事業者の皆様へ 

 食品等事業者の皆様は、令和3年5月31日までは、改正前の高知市食品衛生法施行条例「管理運営基準」を、令和3年6月1日からは、省令で規定される「公衆衛生上必要な措置」を遵守してください。

  改正前の高知市食品衛生法施行条例「管理運営基準」 [PDFファイル/221KB]

  厚生労働省令「公衆衛生上必要な措置」 [PDFファイル/175KB]

  HACCP(ハサップ)に沿った衛生管理について(厚生労働省ホームページ)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)