ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織一覧 > 保育幼稚園課 > 未婚のひとり親にかかる保育料算定時の寡婦(夫)控除のみなし適用について

本文

未婚のひとり親にかかる保育料算定時の寡婦(夫)控除のみなし適用について

未婚のひとり親にかかる寡婦(夫)控除のみなし適用について

 平成30年9月から,未婚のひとり親を対象に,保育料の算定において税制上の寡婦(夫)控除のみなし適用を実施します。

 該当する世帯は,保育料が変更になる場合があります。(適用については,未婚であることを証明する書類の提出が必要となります。)

対象となる方

 みなし適用の対象となる方は,所得を計算する対象となる年の12月31日時点及び各月1日時点において,以下のすべてに該当する方です。

  ・婚姻によらないで母または父となった者であって,現に婚姻していない者。

   (届出をしていないが,事実上婚姻関係と同様の事情にある方は該当しません。)

  ・保育所等に通所している子と生計を同じくしていること。

   (合計所得金額が38万円以下で,他の人の扶養親族になっていないこと)

  ・父の場合は,前年中の合計所得金額が500万円以下であること。

   (母の場合は所得制限なし)

 ※婚姻によらず教育・保育施設に在園している子の母(または父)となったが,それ以前に婚姻していた配偶者と離婚や死別している場合はみなし適用の対象になりません。このような場合は税制上の寡婦(夫)として申告をする必要があります。

未婚であることを証明する書類の提出について

 戸籍謄本(全部事項証明)あるいは父または母の戸籍抄本(個人事項証明)の提出が必要となります。

 ※書類を提出いただいても上記「対象となる方」に該当しない場合はみなし適用の対象となりません。

 なお,平成30年度教育・保育施設利用に係る現況届の提出の際に上記書類を提出いただいている方は改めての提出がなくてもみなし適用しています。

 戸籍謄本等の請求については下記リンクをご覧ください。(クリックすると中央窓口センターの記事にアクセスします。)

 戸籍謄本・抄本、戸籍附票、身分証明書、独身証明書等(高知市HP・中央窓口センターの記事へ)

 ※高知市外に本籍がある方は本籍地のHP等で確認が必要となります。

注意事項

 平成31年3月末までに上記書類を保育幼稚園課に提出があり,みなし適用の対象であると確認できた場合は,平成30年9月に遡って適用を行います。

 平成31年4月以降に書類の提出があり,みなし適用の対象であると確認できた場合は,原則翌月からの適用となりますのでご注意ください。

 また,みなし適用後,婚姻等によりみなし適用の対象外となった場合は下記のとおり適用の見直しを行います。

婚姻の場合で対象外となる場合

 婚姻日の翌月から適用外になります。(婚姻日が1日の場合は当月から)

所得の修正申告で対象外となる場合

 修正申告した課税年度が前年の場合は当年度の4月から,修正申告した課税年度が当年の場合は9月から遡って適用外になります。

(参考)税制上の寡婦(夫)の取り扱いについて

 税制においては,前年の12月31日時点で納税者が寡婦(夫)であると認められる場合には,所得金額が一定額以下であれば非課税となったり,所得から一定の額を控除することで税額を軽減しています。

住民税非課税となるケース

 詳しい内容は下記リンクをご覧ください。(クリックすると市民税課の記事にアクセスします。)

 市県民税が課税されない人(高知市HP・市民税課の記事へ)

所得からの控除額について(寡婦(夫)控除)

 詳しい内容は下記リンクの「寡婦控除」及び「寡夫控除」の欄をご覧ください。(クリックすると市民税課の記事にアクセスします。)

 所得控除等(高知市HP・市民税課の記事へ)

寡婦(夫)と認められるには

 寡婦とは,
  ・夫と死別・離婚した後再婚していないあるいは夫の生死が不明で,かつ扶養親族(所得金額38万円以下)がいる方
  ・夫と死別した後再婚していないあるいは夫の生死が不明で,かつ本人の合計所得金額が500万円以下である方

 寡夫とは,
  ・妻と死別・離婚した後再婚していないあるいは妻の生死が不明で,扶養親族(所得金額38万円以下)である子を有し,

   かつ本人の合計所得金額が500万円以下である方

 上記に前年の12月31日時点で該当する方であれば,市県民税の申告の際に寡婦(夫)として申告ができます。