ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

保育所とは

 保育所は、日中家庭でお子さんの保育ができないときに、保護者に代わってお子さんを預かり、保育することを目的とする児童福祉施設です。

この保育所に入所できるのは、つぎのいずれかの事情により保育の必要性が認められるときです。

平成27年度保育所へ入所できる要件

平成27年度4月から保育施設を利用希望であれば,支給認定を受ける必要があります
  1号認定・・・・・・満3歳以上の教育を希望する家庭の児童
  2号認定・・・・・・保育の必要性が認められる満3歳以上の児童
  3号認定・・・・・・保育の必要性が認められる満3歳未満の児童
 上記の2号もしくは3号に認定され,お子さんの保護者や同居親族等のいずれもが,次の事項のいずれかに該当するために保育できない場合に,申込みをすることができます。

  1. 一月において,市町村が定める時間以上労働することを常態とすること 
  2. 妊娠中であるか又は出産後間がないこと
  3. 疾病にかかり,もしくは負傷し,又は精神もしくは身体に障害を有していること
  4. 同居の親族(長期間入院等をしている親族含む)を常時介護又は看護していること
  5. 震災,風水害,火災その他の災害の復旧にあたっていること 
  6. 求職活動(企業の準備含む)を継続的に行っていること 
  7. 学校教育法に規定する学校その他教育施設に在学していること。もしくは職業能力開発促進法に規定する認定職業訓練その他の職業訓練を受けていること
  8. 虐待のおそれがあること。もしくは配偶者からの暴力及び被害者の保護等に関する法律に規定する配偶者からの暴力により小学校就学前の子どもの保育を行うことが困難であると認められること
  9. 育児休業をする場合であって,その間保育の施設等を引き続き利用することが必要であると認められること
  10. 市町村が上記の事由に類すると認める状態にある場合

※次のような場合は、入所条件を満たさず、原則として申込みできません。

  • 家事・育児を目的に
  • 幼児教育を受けさせたい
  • 集団保育に慣れさせたい
  • 幼稚園に入園する年齢にまだ達しないから 
  • 下の子はまだ小さいため自宅保育するが,上の子のみ入所させたい
  • 育児休業を延長することが目的であり,不承諾通知が欲しい

平成26年度保育所へ入所できる要件(保育に欠ける場合)

保育所へは、お子さんの保護者や同居親族等のいずれもが、次の事項のいずれかに該当するために保育をできない場合に、申込みをすることができます。

  1. 外で働いている場合
  2. 自宅内で家事以外の仕事をしている場合
  3. 妊娠中である場合または出産後間もない場合(出産日をはさんで前後6か月、計1年間)
  4. 疾病または負傷中の場合
  5. 障害がある場合
  6. 長期疾病療養中または障害をもった親族の介護をしている場合
  7. 災害(震災・風水害・火災)の復旧に当たっている場合
  8. 求職活動をしている場合(6か月間)
  9. 就学している場合
  10. 市長が上記の事由に類すると認める状態にある場合

※次のような場合は、入所条件を満たさず、原則として申込みできません。

  • 家事・育児を目的に
  • 幼児教育を受けさせたい
  • 集団保育に慣れさせたい
  • 幼稚園に入園する年齢にまだ達しないから 
  • 下の子はまだ小さいため自宅保育するが,上の子のみ入所させたい
  • 育児休業を延長することが目的であり,不承諾通知が欲しい