ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織一覧 > くらし・交通安全課 > (2)インターネットトラブルに関する相談(ワンクリック詐欺他)

本文

(2)インターネットトラブルに関する相談(ワンクリック詐欺他)

(2)インターネットに関する相談(ワンクリック詐欺他

1.ワンクリック詐欺

手口

 広告メールによる誘導やネットサーフィンでたどり着いたサイト上で、画像や入り口をクリックすると、最後まで有料サイトであることを明示しないまま、いきなり画面上に「登録されました」という表示がなされ、料金を指定口座に振り込むよう指示されるといった手口です。

 登録画面には、同時にIPアドレスやプロバイダ名も表示され、期日までに料金を振り込まないと、これら情報により個人情報を調べて訴訟を起こしたり、自宅に直接回収に行く旨の記載がされていたりします。

 また、サンプル動画などと偽ってファイルをダウンロードさせ、 パソコン 画面に請求書がはりついて消えないといったトラブルもあります。

 主にアダルトサイトに多い手口ですが、最近は芸能人のサイトと偽って誘導するケースも目立ちます。

未然に防ぐには

 あわてて料金を支払わないことです。

 有料であることがきちんと明示されていない、若しくは料金のことが利用規約にだけ書かれているような場合は契約不成立、また、有料サービスの契約であることがきちんと確認できるような確認画面が設けられていない場合は錯誤による契約の無効が主張できると思われます。クリックしたときに表示されるウィンドウに「利用規約に同意します」といった記載がされていることにより請求根拠を主張するサイトもありますが、それも無効です。

 そして、サイトに連絡を取ることは、自らの個人情報を知らせることにもつながり、脅しの材料や架空請求の元になります。リスクの高い行為になりますので、自分から連絡を取ってはいけません。メールや電話が来ても無視してください。IPアドレスやプロバイダからは利用者の個人情報は一切分かりません。会社のパソコンでアクセスしてしまっても同じです。

 何より怪しげなサイトには行かないことが一番ですが、知らないところから届く迷惑メールや掲示板等に張られているリンク先には、簡単にアクセスしないことが必要です。

 また、素性の知れないサイト上では、アクセスしたりダウンロードすることにより、悪意のあるプログラムを入れられたりウイルスに感染する危険性もあります。ファイル名に「exe」とつくファイルは実行しないようにしてください。日ごろから使用しているパソコンにはセキュリティソフトを入れておきましょう。

被害に遭ってしまったら

 間違って支払ってしまった場合は、すぐに警察に相談してください。振込口座が分かっている場合は、警察に相談した後に、警察からその振込口座のある金融機関に連絡を取ってもらい、すぐに口座の凍結措置をしてもらってください。