ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織一覧 > 母子保健課 > ロタウイルス感染症の予防接種について

本文

ロタウイルス感染症の予防接種について

【お知らせ】ロタウイルスワクチンが定期接種になります。

令和2年10月1日よりロタウイルスワクチンを定期接種として県内契約医療機関にて接種することができます。

令和2年9月30日より前にロタウイルスワクチンを接種した場合は,定期接種ではなく,任意接種となり,全額自己負担になります。

 

対象者

   以下の要件を全て満たしている方

   ・令和2年8月1日以降に生まれたお子さん

   ・接種日現在で高知市に住民登録がある方

   ※対象のお子さんへは,生後1か月半ごろ,接種に必要な予診票等を予防接種手帳に同封して送付します。

 

ロタウイルス胃腸炎とは

口から侵入したロタウイルスが腸管に感染して発症します。感染力が非常に強く,乳幼児のうちにほとんどの子どもが感染します。下痢や嘔吐は1週間程度で治りますが,下痢,嘔吐が激しくなると脱水症状を起こす場合もあり,乳幼児の急性胃腸炎の入院の中で最も多い感染症です。

一生のうちに何度も感染するウイルスですが,初めてロタウイルスに感染した時は特に重症化しやすく,まれに脳や腎臓に影響を及ぼすこともあり,注意が必要です。生後すぐに感染する場合もあるので,ワクチンの接種は早い時期に完了させましょう。

 

予防接種の方法

ロタウイルスワクチンは2種類あり,どちらも生ワクチン(弱毒化したウイルス)で,飲むワクチンです。

2種類とも予防効果や安全性に差はありませんが,ワクチンの種類によって接種回数が異なります。途中からワクチンの種類を変更することは原則できませんので,最初に接種したワクチンを2回目以降も接種してください。

多くのワクチン(ヒブ感染症・小児肺炎球菌・B型肝炎等)の接種が重なる期間ですので,医師と相談のうえ,他のワクチンと合わせて同時に接種することも検討してください。

 

ロタウイルスワクチンの接種期間・接種回数

ワクチン名

ロタリックス(1価)

【経口弱毒性ヒトロタウイルスワクチン】

ロタテック(5価)

【5価経口弱毒性ヒトロタウイルスワクチン】

接種時期

(無料で受けられる年齢)

出生6週0日後から出生24週0日後まで 出生6週0日後から出生32週0日後まで
接種回数  2回 (27日以上の間隔をあける)  3回 (27日以上の間隔をあける)

※いずれのワクチンも,1回目は標準的な接種期間内(生後2か月から生後14週6日までに接種してください。

 

ワクチンの副反応

接種当日の重い副反応としてまれにアナフィラキシー症状(ワクチンへのアレルギーによる発疹,呼吸困難など)が起こる可能性があるため,十分な観察を行ってください。

また,接種してから約1~2週間の間,腸重積症のリスクが通常より高まるとする研究報告もあります。腸重積症の症状として,「突然はげしく泣く」・「機嫌が良かったり不機嫌になったりを繰り返す」・「嘔吐する」・「血便が出る」・「ぐったりして顔色が悪い」などがあります。

これらの症状が一つでも見られた場合や,いつもと様子が明らかに違う場合は,速やかに医療機関を受診してください。