ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織一覧 > 新エネルギー推進課 > 「地域の防災・減災と低炭素化を同時実現する自立・分散型エネルギー設備等導入推進事業」のお知らせ

本文

「地域の防災・減災と低炭素化を同時実現する自立・分散型エネルギー設備等導入推進事業」のお知らせ

  環境省四国事務所(高知県新エネルギー推進課経由)から,事業の実施について検討,周知の依頼がありましたのでお知らせします。

<事業概要>

  地域防災計画または地方公共団体との協定により災害時に避難施設等として位置づけられた公共施設または民間施設に,平時の温室効果ガス排出抑制に加え,災害時にもエネルギー供給等の機能発揮が可能となり,災害時の事業継続性の向上に貢献する再生可能エネルギー設備等(※1)を導入する事業を支援。

※1

  太陽光発電+蓄電池,バイオマスボイラー,コージェネレーションシステム,自立運転機能付きガスヒートポンプ。

  上記の再生可能エネルギー等からエネルギーの供給を受けて稼働する機器等(自営線,高効率機器,断熱材等)

★詳細は,添付資料を参照してください。

【環境省資料】「地域の防災・減災と低炭素化を同時実現する自立・分散型エネルギー設備等導入推進事業」 [PDFファイル/2月11日MB]

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)