ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織一覧 > 農林水産課 > 経営所得安定対策等について

本文

経営所得安定対策等について

経営所得安定対策等について

 現在,日本の農業は, 農業従事者の減少や高齢化,食糧自給率の低下など多くの課題を抱えています。

 これらの課題を解決するため,国は,恒常的に販売価格が生産費を下回っている作物を対象にその差額を交付することにより,農業経営の安定と国内生産力の確保を図るとともに,麦・大豆等への作物転換を促すこととされています。

 25年度から名称変更された本制度(旧制度名:農業者戸別所得補償制度)では,麦や大豆・飼料作物などの戦略作物やその他の転作作物の生産を支援する「水田活用の直接支払い交付金」等を導入し,食糧自給率の向上を目指す制度となっています。
(交付金は国から直接交付となります)

 この制度の概要は,農林水産省中国四国農政局のホームページに掲載されており,下記リンクをクリックすることでご覧いただけますので,制度の理解にご活用ください。
 特色のある魅力的な産品の産地を創造するための地域の作物振興の設計図となる高知市農業再生協議会水田フル活用ビジョンを策定しました。

交付申請について

 本制度への加入を希望される方は,「経営所得安定対策等交付金交付申請書」を,生産年の6月30日までに高知市再生協議会(事務局:高知市農林水産課)までご提出ください。
※事前に,細目書(営農計画書兼水稲共済細目書異動申告票)の提出など,一定の条件を満たす必要があります。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)