ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織一覧 > 契約課 > 建設業法施行令の改正に伴う制度改正について

本文

建設業法施行令の改正に伴う制度改正について

    建設業法施行令(昭和31年政令第273号)の改正(平成28年6月1日施行)により,配置技術者の専任を要する工事の請負金額の下限が2,500万円から3,500万円(建築一式工事においては5,000万円から7,000万円)に引き上げられることに伴い,以下の通知を改正し,平成28年6月1日から施行します。

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)