ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > マイナンバー(社会保障・税番号)制度 > マイナンバー「通知カード」の再交付申請について

本文

マイナンバー「通知カード」の再交付申請について

次の(1)から(5)のいずれかに該当する場合は、通知カードの再交付申請ができます。

(1) 通知カードを紛失し、焼失し、または著しく損傷した場合

(2) 通知カードの追記欄の余白がなくなった場合

(3) 通知カードの返納を命ぜられたとき

(4) 国外転出した、住基法の適用外となった、住民票の消除等の理由により通知カードを返納した後、いずれかの市町村の住民基本台帳に記録された場合

(5) そのほか、住所地市町村長が特に必要と認める場合

※通知カードとマイナンバーカード(個人番号カード)の二種類を所持することはできません。
マイナンバーカードをお持ちの方で通知カードの再交付を希望される場合は、マイナンバーカードを返納していただく必要があります。

申請ができる方

 本人または代理人

窓口

 中央窓口センター(高知市役所本庁舎1階)または地域の窓口センター※
 ※(塚ノ原、三里、高須、一宮、朝倉、瀬戸、鏡、土佐山、春野)

受付時間

 月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時15分まで(ただし、中央・三里・鏡・土佐山・春野を除く各窓口センターは午前10時から午後6時45分までとなります。)
※土曜日、日曜日、祝日、振替休日、国民の休日、年末年始(12月29日から1月3日)、設置店舗の休業日を除きます。

申請時に必要なもの

本人が申請する場合

(1) (紛失または焼失の場合)紛失または焼失した事実を証する書類等
  (例)遺失届の受理番号、罹災証明書等

 

(2) 本人確認書類 (有効期限内のもの) 次のAまたはB
A 運転免許証、旅券、住民基本台帳カード(顔写真付き)、運転経歴証明書(平成24年4月1日以後に交付されたものに限る)、身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、在留カード、特別永住者証明書等のうち1点
B Aをお持ちでない方は、健康保険証、介護保険証、医療受給者証、年金手帳、学生証等のうち2点

 
 

代理人が請求する場合

 

(1) (紛失または焼失の場合)紛失または焼失した事実を証する書類等
  (例)遺失届の受理番号、罹災証明書等

(2) 本人の本人確認書類 上記AまたはB

(3) 代理権を証明する書類(次のうちいずれか。)
  ●法定代理人の場合
    ・本人が15歳未満の場合は不要。15歳以上で本籍地が高知市外の場合は戸籍謄本。
    ・成年被後見人の場合は、法務局の登記事項証明書等
  ●任意代理人の場合は、委任状 [PDFファイル/44KB]

 

(4) 代理人の本人確認書類(有効期限内のもの) 上記AまたはB

手数料

 500円

注意事項

 後日、国から「通知カード」が住民票の住所へ転送不要の簡易書留で郵送されます。(届くまでに1か月程度の日数を要します。)
 ただし、やむをえない理由により住民票の住所とは別の場所にお住まいの方は、「通知カード」の送付先について、居所情報の登録申請ができます。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)