ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 新型コロナウイルス感染症の関連情報 > 飲食店における弁当及びそうざいのテイクアウト販売等について

本文

飲食店における弁当及びそうざいのテイクアウト販売等について

飲食店事業者の皆様へ

 新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、飲食店において弁当及びそうざいのテイクアウト販売や配達を行う事例が増加しています。
 飲食店において弁当及びそうざいのテイクアウト販売等を行う際には、以下の点に注意してください。

1 衛生管理等

・施設設備や人的能力等に応じた食品の取扱いを行い、適正な受注管理を行うこと。
・テイクアウト販売や配達される弁当及びそうざいは、店内で消費者が食べる食品より、食べるまでの時間が長くなり、食中毒の発生の危険性が高くなることから、より一層の衛生管理を行うこと。
・原材料の仕入れから販売までの一貫した温度管理を行うこと。
・調理後は、速やかに食品を販売し、食べるまでの時間が2時間以内となるよう、早めに食べるよう呼びかけること。
・加熱調理する食品は、中心部まで十分に加熱(75℃1分以上)すること。できる限り、サラダ等の未加熱食品や加熱不十分な食品は、提供しないこと。

2 食品表示

 事前に容器包装に入れられた食品を販売する場合は、食品表示法に基づき、適正な表示(アレルゲン、保存方法、消費期限等)を行うこと。

3 その他

 生の食肉や鮮魚介類の販売を行う場合、菓子、アイスクリーム類、めん類等の製造販売、弁当及びそうざいを製造して卸売販売する場合は、新たな許可の取得が必要となりますので、事前に保健所生活食品課までご相談ください。

参考

弁当及びそうざいの衛生規範  [PDFファイル/310KB]

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)