「高知市」は人口30万。海、山、川にほど近く、都会と田舎、両方の魅力を持ったコンパクトシティです♪

高知市移住・定住促進室
TEL 088-823-8813(平日8:30~17:15)

Facebook Instagram

こうちらいふ

高知市への移住について

移住・定住促進室

088-823-8813

(平日8:30~17:15)

メールでのお問い合わせ

トップページ > 飯泉順子さん(第66回)

よさこい移住

飯泉順子さん(第66回)

現在のお住まい:東京都

次第に踊ってみたいと思うように

 元々踊りは好きで、よさこい祭りも毎年見に来ていましたが、次第に見ているだけでは飽き足らず、踊ってみたいと思うようになりました。特定のチームに所属して参加するというのはなかなかハードルが高いですが、このように市役所チームに外部から参加できる制度があると知り、今回、参加することにしました。

高知のカルチャーを体験

 移住を検討するにあたり、住まいや仕事などの情報を収集することは不可欠ですが、それ以外にもその土地のカルチャーを体験する、ということが重要だと思います。私の場合、高知に縁戚者がいるわけではありませんでしたので、特にそこは外せないと考えており、高知市役所踊り子隊に参加した動機には、踊りが好き、ということ以外に高知のカルチャーを体験するという目的もありました。
 実際に参加してみると、想像していた以上に踊り手と観客の一体感が楽しく、また事前の練習から始まって本祭2日間、そして、東京原宿での「スーパーよさこい」の2日間と、市役所踊り子隊の皆さんと行動をともにしながら、いろいろと普段の会話・普段の行動を垣間見ることが出来たのも、他では得難い経験でした。
 心残りは、練習に満足に参加できなかったことですが、それでも参加したときは踊り子隊の一員としてみっちり指導してくださった市役所踊り子隊の皆様、そして参加者説明会や衣装の受け渡しなど、手続きに行けなかった私に代わってアテンドをしてくださった移住・定住促進室のスタッフの皆様にも、この場をお借りして感謝申し上げます。

移住への大きな契機

 よさこいそのものが移住の目的ではありませんでしたので、初めは参加してよいものか不安な部分もありましたが、今回の経験は、間違いなく自身の中で移住への大きな契機となってくれたと思います。 もし移住を検討されている方で、何かひとつきっかけを得たいと思っている方がいらっしゃいましたら、市役所踊り子隊への参加をお勧めします。

  • 高知市に住んでみる
  • 高知市の移住キーワード
  • 移住者インタビュー
  • 中山間地域暮らし体験滞在施設のご案内
  • 高知市中山間地域空き家情報バンク制度
  • 暮らすに「ぼっちり」高知市ガイドツアー
  • よさこい移住プロジェクト