ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織一覧 > 廃棄物対策課 > 高濃度PCB廃棄物の処分

本文

高濃度PCB廃棄物の処分

改正PCB特別措置法が平成28年8月1日から施行され,新たに処分期間が定められました。 

 高濃度PCB廃棄物(変圧器(トランス)類,コンデンサー類,PCB汚染物)の処分期間が次のとおり定められました。高濃度PCB廃棄物を保管している事業者又は高濃度PCB使用製品を所有している事業者は,原則,この処分期間内に高濃度PCB廃棄物を処分委託,又は高濃度PCB使用製品を廃棄すること等が義務付けられました。
 また,電気事業法の「電気設備に関する技術基準を定める省令」等の改正(平成28年9月改正)により,高濃度PCB含有電気工作物は平成30年3月31日までに使用を終え,処分しなければなりません。

処分期間

「ポリ塩化ビフェニル(PCB)廃棄物の適正な処理の推進に関する特別措置法(PCB特措法)」の改正法が本年8月1日に施行されました。

  高知県内で保管されている高濃度PCB廃棄物及び高濃度PCB使用製品の法に基づく処分期間は以下のとおりです。

  1. 変圧器(トランス)類,コンデンサー類,PCB油                  平成30年3月31日まで
  2. PCB汚染物等(安定器,汚泥,感圧複写紙,廃活性炭等)            平成33年3月31日まで

注意事項

 高知県内で保管されている高濃度PCB廃棄物の処分は中間貯蔵・環境安全事業株式会社(JESCO)北九州PCB処理事業所になります。処分にあたっては,事前にJESCOに登録をする必要があります。また,中小企業者等の負担軽減措置の申請は登録後になります。

 JESCOへの登録,負担軽減措置の決定には時間が掛かります。早急にJESCOへの登録をしてください。変圧器(トランス)類・コンデンサー類(共に3kg以上)は使用中でも機器等登録が可能です。

登録・負担軽減措置の問合せ先

〒552-0007 大阪市港区弁天一丁目2番30号オーク4番街ブリオタワーオフィス7階702号

中間貯蔵・環境安全事業株式会社 北九州PCB処理事業所営業課 大阪駐在

電話:06-6575-5580 FAX:06-6575-5586