ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

浦戸城

2009年12月25日

高知を代表する景勝地『桂浜』の背後の山一帯が、長宗我部氏最後の居城、浦戸城跡である。ここは、北、東、南を海に囲まれた要害の地であり、また、紀貫之の『土佐日記』にも出てくる浦戸の港を擁し、上方との連絡、水軍の保有にも便利なところであった。

元親は最初、天正16年(1588年)現在の高知城のある大高坂山に築城しようとしたが、鏡川の治水に失敗し、天正19年に浦戸へと移り、本拠とした。以後約10年間、子の盛親が関ヶ原の合戦で敗れるまで、長宗我部氏の居城であった。

山内一豊が高知城を築くにあたり、浦戸城の石垣などを取り壊して運んだといわれており、浦戸城は石垣の一部と尾根の西方二ノ丸付近に3条の堀切を残すのみであるが、古城としての面影を偲ぶことができる。

現在、国民宿舎「桂浜荘」と坂本龍馬記念館の建っているあたりが、本城になる。

浦戸城跡写真 

<交通アクセス>

南はりまや橋から高知県交通「桂浜」行き乗車、「龍馬記念館前」下車後、徒歩すぐ

地図↓ (緑色のピンマークの箇所)


より大きな地図で 長宗我部元親ゆかりの地マップ を表示