ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 観光振興課 > 長宗我部元親初陣の像

長宗我部元親初陣の像

2012年8月1日

 地域おこしを進めようと結成した港南地域の異業種集団「一領具足会」が中心となり、没後400年を記念して平成11年(1999年)に建立された。
 銅像は、永禄3年(1560年)、22歳で初陣を迎えた元親が、合戦に挑む前夜、若宮八幡宮に陣取った姿を表現している。力強く前に伸ばされた左手は、足下に広がる四国をつかみ取ろうとしている形に作られている。

 初陣の像 初陣の像2

<交通アクセス>

南はりまや橋から高知県交通バス「桂浜」行き乗車、「南海中学校通」で下車後、徒歩約5分

地図↓ (朱色のピンマークの箇所)


より大きな地図で 長宗我部元親ゆかりの地マップ を表示