ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

武市瑞山道場跡

2010年2月12日

武市瑞山は安政2年(1855)に道場を新築し、妻の叔父である島村寿之助と共同経営で道場を開いた。午前は寿之助が槍術、午後は瑞山が剣術を教え、門人も120人を数えるに至ったという。若き日の中岡慎太郎や“人斬り以蔵”と恐れられた岡田以蔵なども武市道場の門人である。

その後、人柄と実力を買われた瑞山は、安政2年(1855)の秋以降、藩命を受けて安芸郡奉行所(現田野町)、香美郡奉行所(現香南市赤岡町)に出張し、剣術の指導にあたっている。

この碑は、当初現在地より約30mほど東北の駐車場に建てられていたが、近年に横堀公園内に移された。

武市瑞山道場跡 

<所在地>

高知市菜園場町1(横堀公園内)

<交通アクセス>

はりまや橋から路面電車「知寄町」方面行き乗車、「菜園場」下車後、徒歩約5分

地図↓ (黄緑色のピンマークの箇所)


より大きな地図で 武市瑞山ゆかりの地マップ を表示