ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 観光振興課 > 武市半平太旧宅及び墓

武市半平太旧宅及び墓

2010年2月12日

土佐勤王党の盟主、武市半平太旧宅と墓は、昭和11年(1936)9月に国の史跡に指定された。旧宅は、半平太が城下に出たとき以来、武市家の所有を離れているが、母屋・土蔵などは郷士屋敷の面影を残している。

旧宅から右手に伸びている道路を歩くと石段があり、その先には瑞山神社や瑞山資料館、瑞山の墓などがある。

武市半平太旧宅 武市半平太の墓

※武市半平太旧宅は現在個人宅につき、立ち入りできません。
詳しくは高知市民権・文化財課(電話:088-832-7277)までお問い合わせください。

<所在地>

高知市仁井田3021

<交通アクセス>

はりまや橋から土佐電鉄バス・パークタウン線「前浜」方面行き乗車、「瑞山神社前」下車後、徒歩約3分

地図↓ (朱色のピンマークの箇所)


より大きな地図で 武市瑞山ゆかりの地マップ を表示