ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

近藤長次郎邸跡

2011年8月4日

近藤長次郎は,河田小龍(かわだしょうりょう)の門下生で,江戸への遊学後,亀山社中に入社し,龍馬の手足となって働きました。饅頭屋であった長次郎の生家は,現在碑が建っている場所より東側にあったとされており,龍馬とは家が近く,少年時代から交流があったといわれています。

近藤長次郎邸跡写真 

<所在地>

高知市上町2丁目7