ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

お遍路さん

2008年12月23日

「遍路道」ページのイメージ写真

四国の文化遺産「四国八十八ケ所」。高知流のおもてなしに触れてみませんか。

「お遍路」・・・
第30番札所善楽寺 第31番札所竹林寺 第32番札所禅師峰寺 第33番札所雪蹊寺 第34番札所種間寺

善楽寺

善楽寺の写真第30番札所。真言宗の寺で,本尊は弘法大師像。奥の院・安楽寺は,鎌倉時代の作で本尊の阿弥陀如来座像は国の重要文化財に指定されています。

「善楽寺」についてはこちら。

竹林寺

竹林寺の五重塔の写真第31番札所。四国八十八ケ所で唯一,文殊菩薩を本尊とする学問の寺でもあります。本堂のほか,奉安されている仏像17体すべてが国の重要文化財に指定されています。

「竹林寺」についてはこちら。

禅師峰寺

禅師峰寺の写真第32番札所。本尊は船魂観音と呼ばれ漁師の信仰も篤く,歴代の藩主も海上安全を祈ったといわれています。

「禅師峰寺」についてはこちら。

雪蹊寺

雪蹊寺の写真第33番札所。本尊の薬師如来像は運慶晩年の作とされ,毘沙門天と脇侍3体は,運慶の子湛慶の作といわれています。

「雪蹊寺」についてはこちら。

種間寺

種間寺の写真第34番札所。弘法大師が五穀の種を蒔いたことが寺名の由来といわれています。安産の薬師として信仰されています。

「種間寺」についてはこちら。