ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

秦神社

2009年12月25日

明治初年の廃仏毀釈により、雪蹊寺が廃寺になったため、雪蹊寺に安置されていた元親の木像や、戸次川合戦戦死者の霊板などを御神体として創建された。

『秦』の名は、長宗我部氏の先祖が「秦」姓であったことに由来するものである。この神社の社宝とされている「絹本著色長宗我部元親画像」は、国の重要文化財に指定されており、今日に伝わる唯一の元親の肖像画である。現在その肖像画は高知県立歴史民族資料館に寄託されており、複製画が一般公開されている。

秦神社 

<交通アクセス>

南はりまや橋から高知県交通「長浜」行き乗車、「長浜出張所」下車後、徒歩約3分

地図↓ (黄色のピンマークの箇所)


より大きな地図で 長宗我部元親ゆかりの地マップ を表示