ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 生活食品課 > (受付終了)(平成28年度)猫の不妊去勢手術費用の一部補助について

(受付終了)(平成28年度)猫の不妊去勢手術費用の一部補助について

2016年11月17日

(受付終了)猫の不妊去勢手術費用補助制度の受付終了について

平成28年度につきましては,申請の受付を終了しました。

(注意)来年度に同様の制度が実施されましても,平成28年度中の手術については,補助の対象外となります。

失われる命

高知市で,猫の殺処分数は年々減少していますが,まだまだ多数の命が失われています。殺処分された猫の9割は産まれて間もない子猫たちです。この子猫たちは野良猫が産んだ子猫,心無い飼い主が捨てたり処分に持ち込んできた子猫たちです。

処分される命を減らすためには,不妊・去勢手術は有効な手段のひとつです。そこで,高知市では昨年度に引き続き,猫の不妊去勢手術費用の一部を補助する事業を実施します。

制度の特徴

ねこ飼い猫だけでなく,飼い主のいない猫も対象です
   ※「飼い主のいない猫」とは,本市に生息する猫で,所有者がいないことが明らかである猫をいいます。
ねこ申請できる頭数に制限はありません

補助金を申請できる方

高知市に住民登録があり,猫を飼っているまたは飼い主のいない猫を飼養管理されている方で,次の事項に同意される方。

ねこ猫を飼っている方ねこ
   1 終生飼養すること
   2 しつけ等を行い,近隣住民に迷惑をかけないよう努めること

ねこ飼い主のいない猫を飼養管理されている方ねこ
   1 トイレの設置,餌の適正な管理等,周辺環境の美化を図ること
   2 近隣住民の理解を得るよう努めること
   3 耳カット等,猫に不妊去勢手術済みであることが分かる識別措置をとること
      (特別な理由があると認められる場合を除く)

補助金額

ねこ不妊手術:1匹6,000円(上限)
ねこ去勢手術:1匹4,000円(上限)

手術の実施及び申請の受付期間

平成28年4月1日(金曜日)から平成29年3月31日(金曜日)まで

※郵送での受付は,平成28年9月30日までとなります(当日消印有効)。10月からは窓口のみの受付となります。
 ご了承ください。
※先着順で予算がなくなり次第,受付を終了します。
※上記期間以外の手術及び申請は受付できませんのでご注意ください。

手続きの流れ

1 不妊・去勢手術の実施

平成28年4月1日から平成29年3月31日までの間に手術を実施してください。
手術を実施する動物病院の指定はありません。

2 補助金の交付申請

補助金交付申請に必要なもの

(1)領収書(不妊・去勢手術を実施したことが分かる領収書原本)
  ※領収書のコピーでは受付できません
  ※レシートのみでも受付できません。
(2)印鑑(認め印可)
(3)補助金振込みのための口座番号等が分かるもの
(4)高知市猫の不妊・去勢手術費補助金交付申請兼請求書

上記書類に必要事項を記入のうえ,生活食品課まで提出してください。
審査の後,補助金交付決定通知または交付却下通知をお送りします。
記入上の注意
(1)申請書類に使用する印鑑は同じものをご使用ください。印鑑が違うと受付できません。
(2)申請者と振込口座の名義人が異なる場合は,委任状が必要になります。
(3)記入の訂正は,訂正箇所に訂正印(申請書に使用した印鑑)を押してください。修正ペン等は使用しないでください。なお,金額については訂正ができないため,お手数ですが最初から書き直していただくことになります。

申請書のダウンロードはこちら[PDFファイル/156KB]
※平成28年4月1日より申請書の様式が変更されました。以前のものは使用できません。

チラシのダウンロードはこちら[PDFファイル/585KB]

注意:申請書類をフリクションボールペン(熱で文字が消えるボールペン)で記入している場合は,受付できません。

3 補助金の支払い

補助金の交付決定後,補助金額をご指定の口座へ振り込みます。
補助金交付の決定の日から振込みまでに1か月ほどお時間を頂くことになりますが,ご了承ください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)